ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

テオ・ヤンセン展に行ってきました①

time 2017/09/06

このページでは、ふたばが三重県立美術館のテオ・ヤンセン展に行ってきて、感じたことを書いていきます。通常のブログとは違い、授業で使えるかどうかはわかりません。興味のない方は読み飛ばしてください。

夏休みを利用して伊勢志摩に旅行に行きました。2日目どこに行くか決めていなかったのでスマホで調べてみると、三重県立美術館でテオ・ヤンセン展が開催されていることがわかりました。テオ・ヤンセンはオランダの彫刻家で、風で動く人工生命体を作り世界的に有名になりました。Wikipediaによると物理学者でもあるようです。大人の科学にも紹介されています。独特の世界観をもつテオ・ヤンセンの作品をご覧ください。

会場に入ると目に入ったのは巨大な人工生命体アニマリス・シアメシスです。

テオ・ヤンセンさん独特のパイプによる構造。芸術的です。

2階から見ると、その大きさがよくわかります。こんな大きいのに、風の力で動くのはすごい。三重県立美術館では日にち限定で動いている状態を見ることができるようです。動いているのを見たかったです。

それぞれの作品には名前があります。設定も細かくあり、おもしろいです。

テオ・ヤンセン特別展のはじまりはじまり。

入ってすぐの部屋に大きなビースト(テオ・ヤンセンさんの人口生命体をビーストと呼びます。)がいました。このビーストの動くところが見られるというのが今回の目玉イベントです。動くまで少し時間があったので先に他の展示を見に行きました。

壁には、ビーストの動きや設計途中のスケッチが展示されていました。

年季の入ったスケッチブックってめっちゃかっこいいですよね。天空の城ラピュタのスケッチブックを思い出しました(笑)

ストランドビースト誕生のきっかけとなった新聞のコラム。

小型のビーストが複数展示されていました。こちらはプロペラが特徴的なビースト。

大きな翼をもつビースト。ビーストたちは風の力で動くため、風を受ける様々な工夫が見られます。

大きなエビのようなビースト

美術館を歩いていると・・・

ビーストを押している人発見!希望者がビーストを押して進めることができるみたいでした。

早速並びました。10分くらい並んでついに先頭に・・・

↑アニマリス・オルディスを押すふたば

思った以上に軽かったです。関節の動きがなめらかで不思議な気持ちでした。ビーストを動かせるとは思ってなかったのでとても嬉しかったです。ということでテオ・ヤンセン展に行ってきました①でした。続きまーす。

 

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、三十路超え 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





sponsored link

ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate