ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 科学館 » エビとカニの水族館〜番外編〜

エビとカニの水族館〜番外編〜

calendar

前回の記事の続きです。エビとカニの水族館〜番外編です。エビとカニの水族館ですが、エビとカニの以外の展示もされていました。特に気になったものを紹介します。

 すさみエビとカニ水族館の気になる生き物

①フナムシ


もっとも興味を持った展示がこのフナムシの展示です。家庭用?と思われる小さな水槽。多分アクアテラリウム用だと思います。何かと思って近寄ってみると
カサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサ・・・
 
キャー!っと思わず叫びそうになりました。
面白い展示がだなぁとおもって、説明書きを見てみるとまた、その内容がまた面白い。
最後の
「さわらないでね!手をつたって水槽の外へ逃げます。」
がいいですね。フナムシを触ろうとする人がいると初めて知りました。勇者です!ただ、外へ逃げられるのは勘弁だなぁっと思っているとその上にはこんな看板が・・・
・・・う〜ん、ウォンテッド!

すさみの海

進んでいくと、すさみの海の展示がありました。水槽の中にはなぜかポストが。どういうことかなぁと近づいてみると説明書きが・・・
なんと、すさみ町にはギネス認定の世界で一番深いところにあるポストがあるのです。
手紙が濡れてボロボロになるやん!と思って調べてみると、海中郵便ポスト専用ハガキ(耐水合成紙)が用意されているようです。ダイハツのCMにも使用されたようですね。
詳しくは「クラブノアすさみ」のホームページ(⇦リンク)を見て見てください。

③科学がちゃ?「ウミガメのエサ」

出口をでると正面出口の横にそれる小道があり、「時間があればこちらもどうぞ⇨」と書かれた看板が。オマケかなとあまり期待もせずに歩いていくとそこにあったのは・・・
ウミガメやー!
これはオマケレベルちゃうやろ〜。ってかエビとカニに比べたらむしろこっちがメインやん!と1人でつっこんでました。その横には、ふたばの大好きながちゃがちゃが・・・
「ウミガメにエサをやってみよう」
「ウミガメにエサをやってみよう」
「ウミガメにエサをやってみよう」
やるー!
ということで100円でエサを買い、ウミガメにエサをやりました。
水槽には丸い穴が空いていて、そこからエサを投げ入れます。思っていたより大きい。噛まれるので手を入れないでくださいと書かれていました。カメのクチバシは強そうで穴の中に手を入れようとはこれっぽっちも思いませんでした。
ウミガメの横には
アザラシがいました。・・・エビとカニにすみに追いやられているのが少し切なく、これも人間のエゴかなぁと感じました(笑)

ふたばのブログが本になりました。

授業で使えるデジタル教材が満載!「ふたば塾」

ふたばのブログの姉妹サイト「ふたば塾」では、理科の授業で使えるデジタル教材やプリント教材、授業動画で使ったスライドを無料で公開しています。

▶ ふたば塾はこちらから

▷ デジタル教材はこちらから

▷ 授業プリントはこちらから

▷ 授業動画のスライドはこちらから

予習や復習で使えるYoutubeチャンネル

Youtubeチャンネル「ふたば塾」では、予習や復習で使える授業動画を配信しています。ふたば塾のデジタル教材に対応しているので関連付けて学習できます。ぜひご活用ください。

▶ ふたば塾のチャンネルはこちらから

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、中学理科の授業情報をまとめた書籍「100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100」を明治図書から出版。また、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。
先生向け情報サイト「ふたばのブログ」の他、反転学習や、家庭学習に利用できるオンライン学習サイト「ふたば塾」を運営。
記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】


100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]

【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同