ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 科学館 » 海遊館に行ってきました1🐠🐬🐡🐳

海遊館に行ってきました1🐠🐬🐡🐳

calendar

※今回は授業ネタではありません。興味のない方は読み飛ばしてください。

冬休みを利用して久しぶりに海遊館に行ってきました。

大阪が誇る大水族館「海遊館」

小学生の頃遠足で行ったことを思い出しました。1歳の娘をつれて再度海遊館を訪れることができて本当に幸せを感じます。今回は、主に写真やGIFアニメを貼っていきたいと思います。癒されてくださ~い🐟~🐠~🐡~

水中トンネル

海遊館は、水中トンネルから始まります。なんか海への入り口という感じで癒されます。

水中トンネルをくぐると長~~いエスカレーターを上ります。すると、自然豊かな日本の森が広がります。サワガニがてくてく歩いていました(笑)階段を降りるとクエさんがお待ちかね。クエ鍋が食べたくなりました。

淡水魚水槽

こちらは淡水魚水槽。シルバーアロワナやチョウザメなどの淡水魚がたくさんいました。

深海に住むかにさん水槽

エビやカニは、海底で魚の死骸などを食べるんですね。上の写真は、エビの展示水槽ですが、死んだ生き物の骨がレイアウトされていました。食物連鎖を感じました。

タカアシガニ

ふたばの大好きタカアシガニ、小さいころ、あまりの大きさに衝撃を受けたことを覚えています。ノッシノッシと近づいてくると・・・

普通に人間の子どもくらいあります。ちなみに1歳の娘は、タカアシガニが近づいてくると、「クック(靴)はく~💦」と言って、ダッシュで逃げてました(笑)

マンボウ

3億の卵を産むマンボウさん。日本の総人口の2倍の卵って・・・ビッグマザーです。

大水槽の底でサメさんが集団で休憩していました。なんだかかわいいです。

と思ったら狂暴?なシュモクザメが!危ないところでした(笑)

ウミガメさん

ゆったりとした動きのウミガメさんです。魚を狩るときは、もっと早いんですかね?よく考えるとウミガメが野生でえさを食べるところを見たことがないです。・・・主に海藻を食べるんですか?誰か知ってたら教えてください。ウミガメをみると「ウミガメのスープ」を思い出します。・・・どんな味か気になりますね。

「ウミガメのスープ」で質問力を鍛える

幸福を呼ぶマンタ

マンタって本当に海を飛ぶみたいにして泳いでますよね。なんでも幸せを運ぶそうです。ということで海遊館に行ってきました1でした。まだ続きまーす♪

ふたばのブログが本になりました。(先生向け)

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...