ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

エビとカニの水族館

time 2016/07/06

すさみ町立エビとカニの水族館(⇦ホームページへのリンク)
博物館ネタです。授業で使えるというわけではないので興味のある方だけ読んでいただければ思います。

エビとカニの水族館

土日を利用して和歌山県すさみ町にある「エビとカニの水族館」に行ってきました。道の駅すさみに隣接して作られています。入館料は大人800円、小・中学生500円、幼児300円です。このエビとカニの水族館ですが、日本一貧乏な水族館として話題になったこともあるそうです。一時は資金難から、廃館の案がでたり、町立ではなく海立になったことも・・・(笑)そんな「エビとカニの水族館」ですが、和歌山県の高速道路が延長され、現在はすさみが終点。しかも降り口すぐに道の駅に隣接した形で移転ということもあり、お客さんもたくさんいました。面白い展示がたくさんあったのでご紹介します。


入ってすぐの水槽でタカアシガニがお出迎えしてくれます。私は大阪出身なので遠足で海遊館によく行きました。小さい頃に初めてタカアシガニを見たときは、その大きさと顔の怖さに泣きそうになったのを覚えています(笑)
この水族館の特徴はお金がないこと。そのため各水槽にはサポーター(スポンサー)がついています。お金を払えば誰でもサポーターになることができます。水槽の横に自分の名前が貼られるのは嬉しいですね。全国でも数少ない水族館ではないでしょうか。
気になる生物

① セミエビ




セミエビの目の離れ具合が最高だと感じました。ちょっとカピバラさんに似てるかも。かわいいです。いずれ、セミエビブームが来るかもと1人で考えていました。

②真っ白なカニ


真っ白なカニです。水槽を見ながら妻が
「・・・茹でたら赤くなるんかなぁ?」
とつぶやいていました。よくみると説明書きにちゃんと茹でても赤くならないと書かれていました。
このカニは、毎日毎日お客さんから「茹でたら赤くなるのか?」といい続けられているのかと思うと少し切ない気持ちになりました。笑

③モンハナシャコ



とても綺麗なシャコでした。シャコの肘打ちは強力で怪我をすると書かれていました。前にテレビでシャコのパンチ力がすごすぎて、海水が沸騰するという動画をみたことがありました。シャコのすごさを改めて痛感しました。

④クリスタルヤドカリ


一番印象に残ったのがこの「クリスタルヤドカリ」です。貝の代わりにガラス製の貝の模型に住んでいます。ヤドカリのお腹は図鑑でしか見たことがなかったので興奮しました。妻いわく、ヤドカリはいい家だとわかると、そこに先着のヤドカリがいても、貝を奪い取るそうです。しかも、貝のサイズが体に合わないときも気に入った貝なら無理して潜り込むそうです。なんだか、人間みたいですね。気に入った服があったもののサイズが小さいのしかない。でも、どうしてもその服が欲しいから、無理して体をねじ込む・・・切ないなぁ。

丸見えなのは気づいているのかい?

見ちゃいや〜ん!
ということでエビとカニの水族館でした。続いては番外編を書きたいと思います。楽しいエビとカニの水族館。お近くを通る際には是非お立ち寄りください。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月5万5千pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate