ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

「MOVE 生きものになれる展」に行ってきました②

time 2018/06/03

前回の続きです。

※授業に役立つ情報ではありません。興味のない方は読み飛ばしてください。

サバイバルオーシャン

一番奥にはペンギンになれるサバイバルオーシャンがありました。

ジョーズも真っ青の超でっかいサメがいました・・・怖すぎるやろ!

サバイバルオーシャンでは、水族館のアイドル「ペンギン」になれちゃいます。なれる展特製のペンギンスーツを着用して、いざ!

腹すべりー!

「喰われてるやん!」

大阪人としてツッコまずにはいられませんでした(笑)身をもって弱肉強食、食物連鎖を学ぶことができますね。

お腹ですべるペンギンの動画

他にも様々な展示がありました。

モルフォチョウになれる展示

こちらは青い宝石と呼ばれるモルフォチョウになれる展示です。モルフォチョウは羽の裏側は茶色く地味ですが、表側はこの世のものとは思えないような美しい青色なんです。

テンションが上ったふたばは、モルフォチョウになってしまいました(照)

モルフォチョウの動画

黒い死神になれる展示

こちらは、黒い死神と称されるアフリカスイギュウになれる展示です。

妻がアフリカスイギュウになってしまいました(笑)ふたばはいい奥さんをもらいました(笑)

あの生きもののにおいをかいでみよう!

こちらは、色々な生き物のおなら、おしっこ、うんちの匂いが嗅げるコーナーです。

どれもかぐわしい香りがしました(臭)

あの生きものになってうんちをしてみよう!

インドサイのうんちを観察することができます。

レバーを引くと・・・

うんちがでてきたー。子どもはうんちが大好きですもんね。みんな楽しそうにうんちを出していました(笑)

ハイエナのうんち

ブチハイエナは、顎の力が強く、肉も骨も栄養として吸収します。その時、骨のカルシウムの影響で白いうんちになるそうです。知りませんでした。

ミュージアムショップ

ふたばの大好きなミュージアムショップ。講談社「MOVE」とのコラボということで生きものになれる展の公式図鑑がありました。

MOVE 生きものになれる展 公式図録

子ども心をくすぐるサバイバルすごろくが魅力的です。

ふたばが子どもなら、絶対親に買ってもらってましたね(笑)

進撃の巨人とのコラボ

こちらは進撃の巨人とのコラボ商品。面白い!

動く図鑑MOVE 缶バッジ

ガチャもありました。缶バッジでした。

MOVE 動く図鑑のペーパークラフト

動く図鑑がペーパークラフトになっていました。

こっ、これは!

この写真をみて、ふたばが授業で使えるかもしれないと感じたのがどの商品かわかるでしょうか。

そう、シマウマとライオンのお面です!うまく加工すれば、ライオンとシマウマの視野の違いを理解させられるかもしれないと感じました。・・・でも買いませんでした(笑)

生きもの寿命表

ということでMOVEMENTS 生きものになれる展でした。全国を回っているようですね。お子さんがいるご家庭は、ぜひ行ってみて下さい。楽しいですよ♪

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月4万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate