ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

煮干し(カタクチイワシ)の解剖

time 2016/10/19

今回はお手軽解剖の代名詞である煮干しの解剖です。今回は煮干し(カタクチイワシ)の解剖からヒトの構造を探っていきたいと思います。

煮干しの解剖からヒトの構造を考える


まずは大きめ(人差し指程度)の煮干しを選びます。

できるだけ、体が大きくて真っ直ぐな形のものを選ぶと解剖がしやすいです。上で言うと下の個体がいいです。
まずは、脊椎動物の特徴である背骨を観察させます。人差し指と親指で頭骨の後ろをつまむと綺麗に背肉をとることができます。背骨を観察します。


次に腹側です。腹部の片側だけを開きます。内臓が現れます。内臓が腹側にあることを確認します。
このとき、エビの内臓はどこにあるか質問します。「背ワタ」という言葉を知っている生徒がいたなら、脊椎動物は内臓が腹側にあり、節足動物は内臓が背中側にあることを経験的に伝えることができます。知らない生徒が多く盛り上がります。

背骨をよくみると腹側に黒い紐のようなものが観察できます。身体中に血液を送り出す大動脈であることを伝えます。血管は黒っぽく見えるんですね。そのあと、脊椎動物のもっとも大事な脊椎の中にある脊髄を観察させます。脊髄は神経の束なので、細い糸のようなものが観察できます。背骨の背側に針(つまようじ)を刺しこむと上の写真のように綺麗に取ることができます。

次に内臓の観察です。まずは、内臓の末端である肛門から観察させます。小腸が折りたたまれてあることに着目させ表面積を広げていることに気づかせます。ここで大腸について発問すると理解が高まります。カタクチイワシには大腸がありません。陸上の生物と違って水分を再吸収する必要がないからです。改めて考えると当たり前のことなのですが面白いですね。腸が黒い理由も考えさせたいです。背骨
の大動脈の話から小腸に血管が集まっていることを見出し、そこから栄養分を血液で届けることを見出させたいです。

腸を取り除くと、オレンジ色をした胃が出てきます。ちゃんと袋の構造をしています。お湯で柔らかく戻して顕微鏡で観察すると、うまくいけばカタクチイワシが食べている微生物を観察することができます。

頭部の観察です。頭部の片側のエラを取り除きます。まずは口の中を観察します。

食べ物と水を分別する「さいは」が観察できます。口が開くとさいはもいっしょになって開きます。微生物の気持ちになって考えるととても怖いですね。クジラのヒゲと同じはたらきをしていることを伝えると良いかもしれません。

つづいてエラの観察です。タワシのような茶色いのがエラです。茶色いのは毛細血管が密集しているからです。酸素はどうやって送るのかを考えさせるとなぜ血管に覆われているのかが理解しやすいです。

次に心臓を観察させます。心臓はエラのすぐ後ろにあります。酸素を血液にのせて全身に送るためです。生物の体は本当によくできています。心臓は太い血管ともいえるので色は真っ黒です。一房一室です。

つづいて脳の観察です。脊髄につながる部分。脳は後頭部にあり、硬い骨で守られています。爪で強めに押し込むと骨が割れてオレンジ色の脳が現れます。中脳、小脳、延髄とひょうたんのような形になっているのがわかります。大脳はあまり発達していません。神経はオレンジ色なんですね。

つづいて感覚器官です。まずは鼻の穴(鼻腔)を見ます。頭の先をルーペで観察すると小さな鼻腔が観察できます。

つづいて目です。白いボール状です。眼球を裏側から観察すると黒い幕のようなものがあります。これは、網膜の裏側で光が通り抜けているのを防ぐ役割をしているそうです。魚は目が頭の両側にあるので、強い光が右目からはいると左目の裏側から抜けてしまうんですね・・・大変だ。
目の裏側をさらによく観察するとオレンジ色の紐のようなものが観察できます。これが何かを生徒に考えさせたいです。オレンジ色といえば脳の色です。「オレンジ色⇨脳⇨神経⇨・・・視神経!」と答えを導き出せたら最高ですね。そう、このオレンジ色の紐は視神経で脳につながっています。

いかがでしたでしょうか?理科の先生の中ではポピュラーになってきたカタクチイワシ(煮干し)の解剖ですが、深く考えるとさまざまなことを学ばせることができます。解剖がただ、「楽しかった」で終わらないようにしたいと思います。


ー番外編ー

胃の内容物を見てみよう

煮干しの胃の内容物を見て、カタクチイワシの食性を見る実験です。
まず、煮干しを湯で戻します。美味しいにおいがします。
消化器を取り出します。上が腸、
腸の中にオレンジ色の胃があります。
シャーレに入れて・・・柄付き針で破ると
どっひゃー
っと声が出るほど、内容物が飛び出してきます。顕微鏡で見てみると
よくわからないぐちゃぐちゃのものや、ミジンコのようなものが見えます。食物連鎖を垣間みることができますよー。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月4万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate