ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

生きているミュージアム「ニフレル」に行ってきました④

time 2018/05/27

前回の続きです。

※ 理科の授業で使えるような情報ではないので、必要ない方は読み飛ばしてください。

「ニフレル」に行ってきました④

円柱形水槽コーナーの奥は、動物カフェがありました。

薄暗いのは、ふたばが夕方に行ったからのようです。朝から晩まで明るいと動物にとってよくないですもんね。トワイライトパスはその分安いのかもしれません。

カバさん

気持ちよさそうに寝ていました。

一見ムーミンに似た優しい生き物のように感じますが、野生のカバは凶暴で毎年何人も命を落としているそうです。・・・怖ぁ。

ニフレルの看板娘 ホワイトタイガー

ニフレルの顔といってもいいのがこのホワイトタイガー。ふたば行ったときは寝ていたので、母が以前撮った写真を借りました。かっこいいです。

ホワイトタイガーの展示説明・・・一休さんの下りは必要なんでしょうかね(笑)

カフェ EAT EAT EAT

「ちょっと疲れてきたなぁ」と感じるころにカフェがあるのはありがたいですね。

カフェのメニュー

カフェにも気になるメニューが。それは・・・

以前記事にした食べる水です。こんなところで売られているとは

持ち運べる水「Ooho」を作ろう

科学ガチャ18「つかめる水!実験セット」

動物ゾーン

ニフレルの最後は動物ゾーンです。

入り口からすぐの場所で、ワニが壁を突き破ってました(驚)

マチカネワニさん

昔大阪に住んでいたマチカネワニさんです。

大阪にワニが住んでたんですね。こんなんに追っかけられたらと思うと・・・怖っ!ピーターパンのフック船長の気持ちがわかりました。

動物園のアイドル コツメカワウソさん

比較的飼育が簡単なのか、いろいろな場所でアイドルとなっているコツメカワウソさん。

落ち着きのない動きが可愛いです。

ペンギンさん

水の中を素早く飛ぶペンギンさんの横で優雅に泳ぐ生き物が・・・

ビーバー

ダムづくりの名人。ビーバーさんでした。ヌートリアかと思いました(笑)

ペリカンさんたち

動物ゾーンの奥には、ペリカンさんがたくさんいました。

主のように振る舞っておりました。

トイレの通行料を取ろうとするフクロウさん

トイレの看板にはフクロウさんがいて、糞がすごすぎてトイレに入れなくなっていたこともあるそうです。困ったさんです。

キツネザルさん

夜遅かったからか、ライトで温まっているキツネザルさんがいました。

こちらは、暗くて見にくいですが、仲良く毛づくろいをするカップルキツネザルとそれを見ている一人ぼっちのキツネザルさん・・・切ないですね。

ニフレルのCMで使われた小道具

ニフレルの出口には、ニフレルのCMで使われた小道具が展示されていました。

小道具がそれぞれどこで使われているのか探してみてください。

ミュージアムショップ

科学館の楽しみ、ミュージアムショップも充実していました。

ということで生きているニフレルでした。生命とアートの融合を感じたミュージアム「ニフレル」。お近くにお越しの際はぜひ行ってみてください。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月4万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate