ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

テオ・ヤンセン展に行ってきました②

calendar

このページでは、ふたばがテオ・ヤンセン展に行ってきて、感じたことを書いていきます。通常のブログとは違い、授業で使えるかどうかはわかりません。興味のない方は読み飛ばしてください。

続きです。テオ・ヤンセン展にはビースト以外の展示も多くありました。

こちらはビーストのプラスチックチューブを加工するための木型です。アナログな感じがいいですね。

ビーストたちの体は大小様々なパーツでできています。

ビーストの化石です(笑)

説明文を見ないと何かわからない展示も多かったです。

ビーストの関節の仕組み。カクカク動きます。

こちらはビーストたちの歴史です。設定が凄すぎてついていけませんでした。

こちらはビーストの進化系統図。

30年以上をかけて、少しずつ進化していきました。

進化の過程でビーストたちは様々な能力を身に着けました。このビーストは他のビーストにはない能力を持っています。

背中につけた多数のペットボトル

複雑に張り巡らされたエアチューブ。

このビーストの驚くべき能力とは・・・

コミュニケーション能力です!

頭をくねくねさせて他のビーストとコミュニケーションをとります。これは求愛をしているところらしいです。想像力は無限大だと思いました(笑)

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...