ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

鉛蓄電池を作ってみよう

calendar

車のバッテリーなどに使われる2次電池「鉛蓄電池」を作りました。

鉛蓄電池を作ってみよう

実験方法

用意するのは硫酸と釣り用の鉛2つです。作り方は超簡単。

硫酸に釣り用鉛をいれます。

以上です

本当に簡単ですね。充電可能な2次電池がこんなに簡単に作れることに驚きです。

鉛蓄電池を9Vの乾電池で充電してみます。

9Vの電池を鉛に繋いで充電します。

鉛同士が接触しないように気をつけてください。

充電中の鉛から気体が発生してきました。

陰極の気体の方が発生量が多かったです。

また、充電するにつれて陽極の鉛の色が変わってきました。

茶色く見えるものは酸化鉛[PbO2]です。

電圧計に繋いでみると2Vを示しました。乾電池1本より強い電圧です。

モーターに繋ぐと凄い勢いで回りました。電池として強い力を持っていることがわかります。鉛蓄電池は素晴らしいですね。車のバッテリーなどに利用されています。充電も出来てとても便利なのですが、硫酸を使っているのでとても危険なことを忘れてはいけません。
スポイトで少量雑巾にかけるだけで雑巾が焼き焦げてしまいます。

たまに、不法投棄されている車のバッテリーを見かけますが、硫酸が漏れ出していたりしたら大変です。絶対に触らないでください。こういった、身近な危険性を伝えることも理科の役割だと思います。理科って本当に楽しいですね。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...