ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

琵琶湖博物館に行ってきました レストラン&おみやげ編

time 2018/07/25

琵琶湖博物館には、水族展示、ABC展示の他にも見どころがたくさんあります。

俳句フォトコンテスト作品展

入場ゲートすぐ左の展示室では、俳句フォトコンテスト作品展が開催されていました。伊藤園が主催し、お茶で琵琶湖を美味しく。がテーマのようです。

MUSEUM Restaurant

ふたばがとてもきになったのは琵琶湖博物館のレストランです。

なぜなら、だいぶ前にニュースで

「琵琶湖博物館のレストランでは、外来魚として問題となっているブラックバスを調理した料理が出されている」

ということを聞いたことがあったからです。ブラックバス料理はまだあるのでしょうか?まだ、オープンしていませんでしたが、メニューがあったので調べてみました。

メニュー

一見普通の料理ばかりですが・・・

あったー!バス天丼!

めっちゃ気になりましたが、時間の関係で今回はおあずけ(TOT)次こそ必ず食べてやる。

ミュージアムショップ

科学館といえば、ミュージアムショップ。ふたばはミュージアムショップだけで1時間は楽しめます(笑)出入り口にはビワコオオナマズの人形が山積みされていました。

琵琶湖博物館ということで淡水魚の商品がたくさんありました。

化石

化石もたくさん売られていました。

様々なアンモナイトの化石

小さな化石や鉱石もたくさん売られていました。楽しすぎます。

科学標本ブローチ

琵琶湖博物館オリジナル商品の科学標本ブローチ。クマムシ、ウズムシ、クンショウモ、ミジンコ、ノロなど理科の先生にとってはたまらないのではないでしょうか?研修会や学会などにつけていけば目立つこと間違いなしです。

置物

こちらはツリガネムシやカイミジンコ、ノロの置物です。職員室の机の上におけば、毎日楽しくお仕事ができます(笑)

3D立体ペーパーパズル

紙とは思えない完成度の高さでした。色もついてます。ハサミなしで作れるのがいいですね。

たくさんの種類があるのでお気に入りを見つけてみてください。かさばらないのでお土産にもいいですよ。

元素手帳と科学カードゲーム

以前記事にした元素手帳も売られていました。

理科好きにたまらない手帳「元素手帳」

ふたばの大好きなカードゲームもおいてありました。

科学トランプシリーズ

元素周期律、プレートテクニクス、えれめんトランプ

元素周期律、プレートテクニクス、えれめんトランプ。元素周期律で7並べをしたら、すぐに元素表を覚えれるかもしれないと思いました。

電気トランプ & DNAトランプ

DNAトランプとかめっちゃマニアックですね。どんな人が買うんでしょうか。

遊びながら学べるサイエンストランプシリーズ。学校で使ってみてはいかがでしょうか?

ほかにもオオサンショウウオの箸置などいろいろな科学グッズがありました。

科学がちゃ「絶滅した大昔の生物 ホンモノ‼化石」

せっかく来たんだからなんか買うぞー!ということで悩んだあげく、結局がちゃがちゃをすることにしました(笑)

狙うはスピノサウルスの歯!ドキドキしながら

「ガチャガチャ」

何が出るかな?何がでるかな?

サメの歯でした。うーん(゜-゜)恐竜関係を当てたかったので残念。

スピノサウルスの歯は大当たりとなってました。でも、300円で本物の化石が買えるなんてすごいですよね。ミネラルショーに行きたくなりました。

やっぱり科学館は最高です。また、面白い科学館があればコメントで教えてくださいねー。ということで「琵琶湖博物館に行ってきました」でした。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月5万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate