ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

和歌山県白浜アドベンチャーワールドに行ってきました①パンダ編

time 2018/10/20

※理科の授業ネタではありません。興味のない方は読み飛ばしてください。

パンダの赤ちゃんに会いに白浜アドベンチャーワールドへ

休日を利用して和歌山県白浜市にある、アドベンチャーワールドへ行ってきました。白浜アドベンチャーワールドは日本で最もパンダの繁殖に成功している動物園です。昨年上野動物園のパンダの赤ちゃん「シャンシャン」がテレビで大きく取り上げられましたが、関西人としていつも思ってました。

「白浜アドベンチャーワールドの方がすごいやろ〜!」

「もっとテレビで取り上げろ〜!」

・・・ひがみですみません。ということでアドベンチャーワールドに入場〜♪

アドベンチャーワールド入場

入場料は大人4500円です。パンダを養うためです。入るときれいなアーケードがありました。

中央の噴水には普通にペンギンがいました。さすがアドベンチャーワールド

ぞうさん

アーケードを抜けると・・・

大きなぞうさんがいました。陸上最大の生物。図鑑では感じることのできない迫力を感じました。そういえば、シンガポールの動物園で象のショーをなくすというニュースを見ました。動物園のショーには賛否両論があります。動物園の運営や動物の保護・研究、経済面など難しい問題だと思います。

パンダさん

白浜アドベンチャーワールドには、

  • 永明(エイメイ)
  • 良浜(ラウヒン)
  • 桃浜(トウヒン)
  • 桜浜(オウヒン)
  • 結浜(ユイヒン)

の5頭のパンダがいました。永明がお父さん、良浜がお母さんで3頭はその子どもたちです。桃浜と桜浜は双子パンダで2014年12月生まれです。パンダは双子が生まれても母親が一頭しか育てない悲しい習性があるのですが、アドベンチャーワールドでは上手に2匹ともを育てあげました。双子のパンダがじゃれ合っている姿はめちゃんこ可愛かったです

結浜は2016年9月生まれ。そして今年、8月14日に赤ちゃんパンダがまたまた誕生しました。アドベンチャーワールド凄すぎる〜♪

出典:GIANT PANDA FAMILY

さっそく、パンダさんがいるコーナー「パンダラブ」へ〜

ぱんださんいたー!

お疲れなのか、一時間後に見たときも一切ポーズが変わっていませんでした(笑)

パンダラブの屋内施設

パンダラブには二頭のパンダがいました。建物内にいたパンダさんはお外のパンダさんとは違ってサービス精神旺盛でした。

「私アイドルですから〜♪」

赤ちゃんパンダ公開

早速、今日のメインイベント、赤ちゃんパンダを見に行きます。赤ちゃんパンダはパンダへのストレスを配慮して10時15分〜10時35分と2時40分〜3時の間だけ一般公開されています。

パンダゲートをくぐり、赤ちゃんパンダコーナーに行くと・・・

すごい人!とはいえ、一時間待ち程度、パンダパンダ♪♪

パンダのうんち

列の途中にパンダのうんちが展示されてみました。匂いもかげます。

子どもたちが興味深そうにパンダのうんちをみていました。匂いを嗅ぐと草餅の香りがしました。全く臭くなかったです。笹しか食べないからですかね。

赤ちゃん公開といってもいつも赤ちゃんパンダが見られるとは限りません。お母さんが包み込むようにして赤ちゃんパンダを守っているときは一切見えません(笑)従業員さんがビデオカメラで撮影した映像が表示されていました。

かわいー!

この状態ではオリの向こう側からしか赤ちゃんパンダが見えません。実物を見てみたい!

直前にあるパンダの説明コーナーを超えるとついにふたばの番です。混雑しているため赤ちゃんパンダは移動しながら見ることになります。果たして見えるのか・・・

赤ちゃんパンダ見えた〜(♥▽♥)

直前に寝返りしてくれがお陰で、赤ちゃんパンダを見ることができました。可愛すぎます。

ということでアドベンチャーワールドに行ってきました①パンダ編でした。まだまだ続きマース。

アドベンチャーワールドのパンダのホームページはこちら

アドベンチャーワールドのホームページはこちら

 

 

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月5万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate