ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 科学館 » 名古屋市科学館に行ってきました⑦プラネタリウム編

名古屋市科学館に行ってきました⑦プラネタリウム編

calendar

このページでは、ふたばが名古屋市科学館に行ってきて、感じたことを書いていきます。通常のブログとは違い、授業で使えるかどうかはわかりません。興味のない方は読み飛ばしてください。

名古屋市科学館に行ってきました⑦プラネタリウム編

今回、名古屋市科学館のプラネタリウムを見るというのが一つの目標でした。実は前にも一度挑戦したことがあったのですが、10時くらいに着いたときにはその日のプラネタリウムのチケットはすべて売り切れてしまっていました。弟がGWに行ったときは8時半から並んで午後3時からのチケットだったそうです。人気の高さが伺えますね。

名古屋市科学館のプラネタリウムは投影機を中心に座席が円形に並んでいました。

 出典:名古屋市科学館

座席は左右に回したり、リクライニングすることができます。そして、学芸員さんの癒やしのボイス・・・名古屋市科学館プラネタリウムは本当に最高でした。
プラネタリウムで教えてもらったのですが、名古屋市科学館のホームページでは天体についての様々な情報を知ることができます。

赤い矢印の部分です。天文情報には現在の太陽の様子やISS(国際宇宙ステーション)のライブ映像を調べることができます。また、科学部で使えそうなペーパークラフトなどもありました。当日の月齢、南中時刻、日の入り、日の出なども分かるので授業でも使えそうです。

面白いと感じたのはISSの通過予測です。ISSが何時にどの方角に見ることができるのかを調べることができます。夏休み中にも何回かチャンスがあるようです。晴れた夏夜に空を眺めてみてはいかがでしょうか?

↑2014年10月28日の地上から見たISSの様子です。

ふたばのブログが本になりました。(先生向け)

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...