ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

キモい展に行ってきました①

time 2017/08/05

※ このページでは、ふたばがキモい展に行ってきて、感じたことを書いていきます。通常のブログとは違い、授業で使えるかどうかはわかりません。興味のない方は読み飛ばしてください。

キモい展に行ってきました①

京セラドーム大阪で行われているキモい展に行ってきました。キモい展の名前の通り、一般的に「気持ち悪い」「気色悪い」と思われることの多い生き物が展示されています。ふたばは動物園や水族館が大好きです。今回は、奇妙奇天烈な生物を見れるとワクワクして行ってきました。しかも一人で(笑)ということで今回はキモイ展の紹介です。はじまりはじまりー。

キモい展は、2017年7月15日から8月31日の期間、京セラドーム大阪で開催されています。(※6月8日〜7月9日には東京ソラマチで開催されていました。)入場料は800円でした。

会場に入るとキモい展の説明がありました。「※心臓の悪い方、アレルギーをお持ちの方はご遠慮ください」が恐怖を煽りますね。っていうか何アレルギーの人を対象にしているんでしょうかね(笑)

キモい展のイメージキャラクター達・・・ゴキバァが彼岸島の蜘蛛ババアにしか見えません(笑)

はじめに目に飛び込んだのはこちらの看板。「キモいトンネル」です。

何やらトンネルの両側には水槽が並べられています。よく見てみると・・・

キャー!なんかうねうねしてるー!

熱帯魚のえさとして売られているミルワームの仲間でした。たくさんいるだけでキモい度が跳ね上がります。

続いていたのは亀さんでした。ガメラっぽいです。

テレビでおなじみのマタマタさんです。餌を食べる姿がカッコイイんですよね。

またまた亀さん。パッと見普通の亀のようですが説明を見てみると

首を甲羅にしまうことができない!?

ほんまやぁ(笑)なんか隠している気持ちになってるのが面白い。ただ眩しいだけかもしれません。

ぼーっと浮かんでいるカエルを発見しました。


・・・下から見るとマヌケな感じです。こんな無防備でヘビなどに狙われないんでしょうかね。

ということでキモい展に行ってきました①でした。続きます。

イェーイ

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月5万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate