ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

串本海中公園に行ってきました③ 海中トンネル編

time 2018/11/11

※理科の授業ネタではありません。興味のない方は読み飛ばしてください。

和歌山県の串本海中公園に行ってきました③

3Dウミガメシアター

赤ちゃウミガメに癒やされた後、3Dウミガメシアターで串本の海の四季について学びました。

癒やしの音楽を聞きながら美しい3D映像を見ていると本当に串本の海を泳ぐ魚になった気持ちになりました。あまりに気持ち良すぎて眠気をさそわれました(笑)

串本のウミガメ

3Dシアターの向かいには串本に住むウミガメの標本が展示されていました。串本にはいろいろなウミガメがすんでいるみたいです。

ウミガメシアターを抜けるとC「水中トンネル」があります。

 水中トンネルに住む生物

たくさんの生物が水中トンネルにいます。

水中トンネルに入ると、まるで海の底にいるみたいでとても癒やされます。

ウミガメさんや

マグロさんなどを下から見上げることができました。

餌やりイベント

ふたばの行ったときには、海中トンネルで餌やりイベントが行われていました。

水中トンネルの魚たちの餌はすべてアジ!

大きい魚にはまるごと、小さな魚には小さくとサイズごとに食べやすいサイズに切られていました。アジさん可哀そう。

餌をやると・・・

ものすごい勢いで魚が集まってきました。

エイが餌を食べるところを初めて見ました。これも水中トンネルならではですね。

亀さんもご満悦でした。話は変わりますが、この亀ドラゴンボールで亀仙人が飼っている亀と同じ種類だと思いました。

海中トンネルバックヤード見学

串本海中公園では今、海中トンネルのバックヤード(裏側)を見学することができます。

海中トンネル手前の係員専用の扉の奥に進むことができます。

長いトンネルを抜けると・・・

大きな生簀のような水槽があります。上から覗き込むと・・・

おー、確かに水中トンネルが見えます。上から見るとこんな感じなんですね。

問題

突然ですが問題です。

水槽の上に設置された、半円状のブラシはなんに使うものですしょうか?

答え

トンネル水槽用掃除ブラシでした〜。金魚や熱帯魚を飼ったことがある人ならわかると思いますが、水槽のガラスやアクリルってすぐにコケなどに覆われて汚くなるんですよね。海中トンネルがいつもきれいに観察できるのは海中トンネル用のブラシで掃除してるからなんですね。

ブラシの上には海中トンネルに沿ってレールが取り付けられていました。いろいろなところに工夫があると思いました。

ということで串本海中公園に行ってきました③でした。

もう少しだけつづきまーす。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月5万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate