ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 実験・授業の情報 » 原子模型で有機化学を学ぶ

原子模型で有機化学を学ぶ

calendar

ケニスの原子模型(学習用有機化学セット)
ケニスの原子模型を使って色々な物質をつくってみました。

入っているパーツは原子3種類、結合部分3種類です。白い球体を水素、黒を炭素、赤を酸素、青を窒素として使いました。

水素分子と酸素分子。書き方は同じですが、酸素は二重結合をもちます。

水。原子模型を作ることで結語の角度に気づかせたいですね。

二酸化炭素。炭素を燃やすと二酸化炭素が発生することがわかります。
アンモニア。実際に匂いを嗅がせましょう。誰もが経験する理科の思い出の1ページです。
ここからは有機物を見ていきます。
メタン
オナラが燃える理由です。でも、匂いはありません(笑)
メタノール
メタンの水素が1つ水酸基に置き換わったものです。毒性が強いです。
エタン
エタノール(エチルアルコール)
お酒に入っているやつです。原子模型は犬みたいです。
メタノールとエタノール
原子模型にすると犬の親子のようですが、子犬は毒性の強いメタノール、親犬はエタノールです。見た目に騙されてはいけませんね。
エチレン
エタンの炭素同士が二重結合したものてます。果物を熟すはたらきがあります。
アセチレン
エタンが三重結合をもったもの。燃焼温度が高いため溶接に使われていました。
ブタン(ノーマル)
炭素が4つです。
イソブタン
ブタンの位置異性体。炭素が枝分かれしています。
シクロブタン
炭素が輪になっています。
ヘキサン
実験によく使われます。ナトリウムの保存液として使われます。
ベンゼン
二重結合の場所は移り変わっていくそうです。
酢酸(お酢)
お酒を飲むとエタノールはアセトアルデヒドを経て酢酸になります。
アセトアルデヒド
お酒(エチルアルコール)を分解するとアセトアルデヒドになります。いい気持ちになります。
グルコース(ブドウ糖)
セルロース(食物繊維)人はエネルギー化できません。シロアリはできます(笑)
デンプン
これのおかげで生きていけます。
螺旋構造をしています。
ヨウ素デンプン反応
面白いです。原子模型でかなり遊べます。子どもができたら原子模型をおもちゃ代わりに渡そうと思いました(笑)

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]

【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder デジタル教材・プリント教材

太陽の一日の動き
温帯低気圧の一生
原子の性質
more...

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...