ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

生きているミュージアム「ニフレル」に行ってきました①

calendar

大阪府のエキスポランド跡地にできた商業施設「エキスポシティ」。

エキスポシティの中に生きているミュージアム「ニフレル」があります。前々から行きたかったのですが、今回ついに行くことができましった。今回はそんな「ニフレル」について書いていきます。

理科の授業で使えるような情報ではないので、必要ない方は読み飛ばしてくださいね。

生きているミュージアム「NIFREL」

チケットブースは外にあります。

大人1900円、子ども1000円、幼児(3歳以上)600円でした。

17時以降ならトワイライトペアチケットがお得

ふたばは17時以降に妻と二人で行ったので、「トワイライトペアチケット」でお得に入ることができました。ラッキー♪

ということで生きているミュージアムニフレル入場〜。

生きものとアートにふれる展

入場ゲートもオシャレです。今は、生きものとアートにふれる展をやっているようです。

最近のミュージアムはどこもオシャレですよね。ニフレルは商業施設とセットになっているので、デートにももってこいです。

入ってすぐの壁には何やらカラフルなお花が投影されていました。ナニコレ?

芸術作品だったんですね。

息をそっと吹きかけてみると・・・

ヒュルリーラ、ヒュルリーラ・・・ということで芸術は難しいことがわかりました(笑)

生きものとアートにふれる展 色にふれる×カルノフスキー

ここからは、「色とふれる」をテーマにした展示です。

壁面の色が変わる!?

鮮やかな壁の色は時間とともに移り変わっていきます。照明によって、水槽の魚達の色も一層鮮やかになります。

色鮮やかな魚達

ファインディング・ニモで人気になったカクレクマノミ

ナンヨウハギ

ドリーは、ベジタリアンだったんですね。   

皇后陛下が名付け親のアケボノハゼ

海の宝石 ウミウシ

ヒメハナギンチャク

生きものの姿、動きは本当に芸術ですね。ということでニフレルに行ってきました①でした。まだまだ続きまーす。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

放射線
天球
水溶液と濃度
more...