ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

豆電球と一本の動線

time 2016/11/10

豆電球と一本の銅線、そして電池だけでできるプチ実験を紹介します。

豆電球と一本の銅線の実験

ー問ー
上図のように豆電球、銅線、電池、を1つずつ用いて豆電球を光らせる方法を考えなさい。
ただし、動線を切ったりしてはいけません。
意外とわかりにくい豆電球の問題です。バスの問題と同様に豆電球の構造がわかっていないととけません。
豆電球は写真の赤の矢印で示した部分とオレンジで示した部分で極が分かれています。
そのため、
このような方法で回路を作ると豆電球を光らせることができます。
ここで子どもがよくやる間違いから、子どもの思考を探ってみたいと思います。
まずは豆電球をそのまま一本の銅線で電池で接続するパターンです。この考えの裏側には家庭用の電気器具のコンセントプラグが一見一本のケーブルで繋がっているように見えることに起因していると考えられます。こういった生徒にはコンセントケーブルは内部プラス極とマイナス極に分かれていて使いやすいように束ねてあることを示す必要があります。
右の2つの図は、プラス極とマイナス極銅線で繋ぐという回路という発想はありますが、豆電球の構造までは達していない解答です。ショート回路についてと豆電球の構造について教えれば解答にたどり着きます。ただ解答を教えるのではなく、間違いから生徒がどの段階でつまづいているのかを考えることが授業者である教師としては必要なことだと感じました。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、三十路超え 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





sponsored link

ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate