ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 道徳・総合的な学習 » 教師に見てもらいたい動画【牛乳石鹸webムービー「与えるもの」篇・ムーニーwebムービー「moms don`t cry 」】

教師に見てもらいたい動画【牛乳石鹸webムービー「与えるもの」篇・ムーニーwebムービー「moms don`t cry 」】

calendar

牛乳石鹸が「親子の絆」をテーマにして公開している動画が物議をかもしているのをご存知ですか。今回は父性とは何かについて考えさせられる動画を紹介します。

牛乳石鹸「与えるもの」


父親像について悩んでいる男性が主人公です。、主人公の父親はあまり育児に参加するタイプではなく、背中で語るタイプでした。
「親父が与えてくれたもの、俺は与えられているのかなぁ。」
この言葉に彼の苦悩が見えます。男性も育児に参加すべきだという批判はありますが、この動画はもっと深い部分を伝えていると感じます。人間は誰しもが最初は自分の親をモデルに生きていきます。様々な人と出会い考え方は変わっていきますが親の影響はとても大きいと言わざる負えません。主人公の父親は育児には参加せず、背中で語るタイプでした。それがすべて「否定されるべきもの」だとしたら、自分の父親を否定することになってしまいます。この動画は、理想の父親像のモデルのいない中、子育てをどのように行っていくべきか悩んでいる姿を描いているのではないでしょうか。父性、母性、時代の移り変わりによって、それぞれの役割も変わっていきます。いろいろ考えさせられる動画だと感じました。

この動画と同様にとても問題になった動画があります。オムツメーカーのムーニーが公開した「moms don’t ccry」です。

ムーニーから、初めて子育てするママへ

動画では、初めての育児に翻弄される母親が描かれています。論点になったのは、母親が育児に奮闘するなか、父親がほとんど動画に登場しない点です。ワンオペ育児を美化していると非難されました。
ムーニーは
「ワンオペ育児を推奨しているのではなく、理想の子育てと現実との違いに悩む母親たちの姿を描きたかった」
「父親の育児参加や周りの人のサポートが進むよう、多くの方に動画を見ていただきたいです」

と発表しています。
考えさせられます。
(追記)
母親の凄さがわかる動画をもう一つ紹介します。

母親の苦労


子ども目線で見た母親です。家庭用品を扱うアメリカの会社The Brawny Towelsが母の日に合わせて公開しました。母は強し。母親の凄さがわかる動画です。「お母さんありがとう」

ふたばのブログが本になりました。(先生向け)

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...