ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 科学館 » 福岡マリンワールド 海の中道海浜公園に行ってきました②

福岡マリンワールド 海の中道海浜公園に行ってきました②

calendar

※ このページでは、ふたばが福岡マリンワールドに行ってきて、感じたことを書いていきます。通常のブログとは違い、授業で使えるかどうかはわかりません。興味のない方は読み飛ばしてください。


今回はお魚ちゃんのGIFアニメを中心に載せていきま~す。

お魚GIFアニメスタート

すごい勢いでコケを食べる魚(笑)

ホウボウさん

オーロラのようなヒレが美しい「ホウボウ」魚なのに足を使って海底を歩きまわります。食べると結構おいしいですよ~。

ボウボウ

歩くホウボウ。面白い!

ホウボウの鳴き声

ホウボウの鳴き声。不思議な生き物です。

海底の忍者ヒラメさん。『「左ヒラメ、右カレイ」は魚くんが発見したらしいで。』と弟が言っていましたが本当なんですかね(笑)

シャコさん

海中に竪穴式住居を構えるのは・・・

アナジャコさんです。昔はお正月にシャコを食べてましたが最近は食べないですね。

ムツゴロウさん

有明海の埋め立て問題でかわいそうな目にあったムツゴロウさん。歩く姿が可愛すぎる。

珍しいムツゴロウの機敏な動きをGIFアニメでどうぞ。

きれいな魚たちと

それを狙うウツボさん。ウツボって本当に怖い顔してますよね。

ワラスボさん

今回ふたばのMVPを獲得した変な魚。

食べれるそうです。食べてみたいなぁ。

イカさん

中学校では解剖用に使われるイカさん。

目のあるほうが頭です。イカってバックしかできひんのかなぁと思ったら、ヒレと足をつかってうまく泳いでました。バックしかできないのはエビさんでした。

イモリさん

トカゲとヤモリとイモリの違いがわからない子どもたちが多いですが、全然違いますよね。こちらはイモリさん。

う~ん、一回見たら絶対間違えないんだけどなぁ。

癒し水槽♪

水槽のヌシたち。

楽園です。

福岡マリンワールドでは、水中カメラを使った大水槽の魚の紹介をしていました。すごい人です。

こちらはひたすら砂を食べ続ける魚さん。ハゼの仲間ですかね。

チンアナゴ&ニシキアナゴ

最後はみんなの人気者「チンアナゴとニシキアナゴ」

この動きがたまりません。最後は恒例のミュージアムショップめぐりをしました。

ミュージアムショップ

水族館限定ガチャ

キモイ展でも紹介したアニマル茶こし。個人的にはゴマフアザラシがいい味だしてます。

静岡の深海魚水族館にいたメンダコの帽子。実物のかわいさが表現できていません(笑)

174㎝のダイオウイカのぬいぐるみ。8000円税抜き。今日も買ってくれるご主人様を待っていました。

ということで福岡マリンワールド 海の中道海浜公園でした。お近くに起こしの際はぜひ行ってみてくださいね。

ふたばのブログが本になりました。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、中学理科の授業情報をまとめた書籍「100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100」を明治図書から出版。また、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。
先生向け情報サイト「ふたばのブログ」の他、反転学習や、家庭学習に利用できるオンライン学習サイト「ふたば塾」を運営。
記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...