ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 子どもに見せたい動画(考えさせられる動画) » 保護者に見せたい動画「早寝早起き・・・」

保護者に見せたい動画「早寝早起き・・・」

calendar

早寝、早起き、朝ごはん♩どの学校でも一度はスローガンになったことがあると思います。これだけ、このスローガンが叫ばれているのは、なかなかこのスローガンが達成できない現れだと思います。
早めに寝て、早めに起きて、朝ごはんを食べる。
とても単純なことです。また、この3つが習慣化されている子どもたちは学力も高いことがわかっています。それなのに達成できない・・・実は、この問題の裏側には子どもではなく、大人の関わり方が大きく関係しているのです。今回はカナダの朝ごはんに関するある動画を紹介します。

早寝、早起き・・・

 この動画は、新学期が始まったばかりの9月にカナダに暮らす5人の小学生にアンケートをとったものです。

子どもたちにアンケート

アンケートの質問内容は

「健康的だと思う朝食のメニューを絵に描いてください。」

のいうもの。
果物、ヨーグルト、目玉焼き、トースト、オレンジジュースなどなど、よく海外ドラマでみるブレイクファーストですね。子どもたちはみなバランスのとれた食事を知っているようです。
次に
「今日、朝ごはんに食べたものを教えてください。」

と問いかけます。少し考えてから、書き始めたのは

ドーナツ一個、シリアル、真っ白の画用紙をだして食べていないことを表す女の子も・・・子どもたちの朝食に対する問題は日本だけのものではなかったんですね。動画の最後には暗転したメッセージが流れます。
「カナダでは115万人以上の子どもたちが、満足いくと言えない朝ごはんを食べて、毎朝学校へと通わされていることわ知っていますか?」

食育は保護者の協力が必要

これは子どもたちではなく、親世代の問題です。学校でいくら、早寝早起き朝ごはんと唱えてみても、子どもたちは現実とのギャップに苦しむだけです。まさに学校と親との板バサミです。こんな環境では、子どもたちが親になっても同じことが繰り返されるだけです。学校は親の世代に向けてメッセージを発信していかなければ ならないのかもしれません。そのためには、まず大人が朝食をゆっくり取れるゆとりのある生活をすることができる社会になって欲しいと感じました。
image

最後の女の子の表情がなかなか瞼から離れませんでした。

ふたばのブログが本になりました。(先生向け)

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...