ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

思考力を高める動物将棋(どうぶつしょうぎ)

calendar

 今回は、子どもの思考力をゲームを通して高めることができる動物将棋を紹介します。将棋と聞くと「難しい」「時間がかかる」「堅苦しい」などのイメージを持つかもしれませんが、この動物将棋は、子どもや将棋をしたことのない人も簡単に楽しめるような工夫がたくさんされているのです。

どうぶつしょうぎ

どうぶつしょうぎの工夫

①イラストがかわいい

将棋は「王」「金」「歩」といった漢字が書かれていますが、どうぶつしょうぎはライオンやゾウ、キリンなどのかわいい動物のイラストが描かれています。子どもでもとっつきやすいですね。

②ルールがわかりやすい

将棋と聞くとルールが難しいというイメージがあります。将棋は頭を使う、脳に良いという良いイメージがあるにもかかわらず学校現場で取り入れられることがない一つの理由はルールが複雑で難しいからだと思います。特に、「歩」は前に1マス、「金」は斜め後ろ以外、などと駒によって移動範囲を全て覚えなければなりません。しかし、どうぶつしょうぎは下の写真のように
駒に赤い点で進める範囲が示されているのです。小さい子どもでも分かりやすいですね。また、駒の種類も5種類と少ないのもやりやすいところです。ヒヨコがニワトリに成長(成る)するのも直感的でわかりやすくていいですね。

③盤が小さい

将棋の敷居が高くなる大きな理由が時間がかかることです。30分、長い時は1時間以上かかる将棋は気軽に始めることはできません。どうぶつしょうぎは盤が3×4しかありません。配置は下の通りです。
せまっ!
これで将棋になるのか・・・と思いきや、これが深いんです。やっていただけるとわかるのですが、本当に戦略を考えないと勝てません。それもそのはず、このどうぶつしょうぎを考案したのは現役の女性プロ棋士。練られています。イラストも女性棋士が描かれているそうです。二歩がないことや、相手のライオン(王)を取る以外にも自分のライオンが相手陣地に進む(トライ)しても勝ちだという将棋とは違ったルールがあることで、狭い盤でも高い戦略が必要とされるゲームとして完成されています。
↑どうぶつしょうぎのルール
私はカードでこの将棋を作りました。盤はプリントで代用しました。班に2つ用意したのですが、本当に盛り上がっていました。やっている生徒も、周りで見ている生徒も真剣に考えているのが伝わってきました。思考力を高める良い方法だと思いました。学級経営にも効果的だと思います。どうぶつしょうぎに取り組んだ次の日、ある生徒が自分でどうぶつしょうぎを作って休み時間に遊んでいました。生徒が自分で作ってまで将棋をやりたいと考えたことは素晴らしいとことだと思いました。
子どもの思考力を高めるどうぶつしょうぎ。ぜひやってみてください。
※どうぶつしょうぎは幼児教育にも使えます。1000円程度と買いやすいのでお子様がいらっしゃる方は、チェックしてみてください。
アプリもあります。

アンドロイド版(ダウンロード)

iOS版(ダウンロード)

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す