ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

色々な周期表

time 2016/11/17

周期表と聞いてどんなものが頭に思い浮かぶでしょうか?
上図のような周期表を思い浮かべる人がほとんどだと思います。でも、この周期表、まだまだ完成版ではないそうです。例えば原子番号一番の水素の場所にしても様々な意見があるそうです。上の図で見ると水色の水素は一人ぼっちのようにみえます。研究者の中にはHeの左側と考える人もいるそうです。電子がひとつ足りないとみるか、ひとつ余っているとみるか・・・難しいですね。周期表はまだまだ変わっていくのかもしれません。
今回はいろいろな周期表を紹介していきます。

①円形周期表

一般的な周期表を円形してみました・・・でもこれっておかしいですよね。原子番号順というのはわかりますが、最後の繋がりは何の意味も持ちません。ではこれは全く意味のない考え方かというとそういうわけではありません。最後の繋がりをひとつ下の列に移す、つまり円ではなくらせん構造にしていくと正しい周期表の流れになるはずです。それを体現したのがこちら!

②らせん周期表「えれめんタッチ」

おーこれは、美しい!

↑科学の好きな人にはたまらないデザインですね(笑)しかもこれ、ペン立てにもなるんです。理科の先生なら必須アイテムですね。この立体周期表ですが、なんとフリーの型紙素材として用意されています。こちらです。
透明(OHP)シートやコーヒー缶バージョンなど様々なバージョンが用意されています。授業で作ってみても面白いと思いました。

③3D周期表「イオン化エネルギーバージョン」

イオン化エネルギーを棒グラフで表現した3D周期表です。こちらもホームページでダウンロード可能なので気になる方はダウンロードしてみてください。

④中国の周期表

↓こちらは中国の周期表です。化学の先生曰く、とてもわかりやすいそうです。その理由は漢字をみるとわかります。
わかりましたか?常温で気体は「气」金属は「金」など、漢字の中に原子の特徴が書かれているんです。わかりやすい!
↑通常の周期表と並べたバージョンです。

⑤イラスト周期表

愛知教育大学が作ったイラスト周期表です。元素の性質やその応用例、元素名の起源などをイラストで表しています。教育目的で使用することができます。綺麗なイラストなのでぜひ活用してください。
 

⑥電気陰性度がわかる立体周期表

わかりやすいです。
 
ということで様々な周期表の紹介でした。ふたばはさっそく「えれめんタッチ」を作ってみようと思いました。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月5万5千pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate