ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

マンガ「うちの子は字が書けない」で発達性読み書き障害(ディスレクシア)を知る

calendar

小学校高学年、少なくとも中学生になったら「文字が書ける」「文字が読める」のは当たり前・・・そんな風に思っていませんか?実は40人に3人は文字を書いたり読んだりすることが難しい発達性読み書き障害(発達性ディスレクシア)をもつことがわかっているんです。今回はそんな発達性読み書き障害についてマンガでわかりやすく教えてくれる本「うちの子は字が書けない」の紹介です。

うちの子は字が書けない

発達性読み書き障害とどう付き合うか

この本は、著者であり発達性読み書き障害の息子をもつ千葉りょうこさんの実体験を元にしています。息子の読み書きにどう感じていたのか、発達性読み書き障害であることにどこで気づいたのか、漢字学習にどのような対策をしたのか、高校入試にどう立ち向かったのかなどが実体験を元に描かれています。作品の中では「学校でも発達性読み書き障害について理解してもらえない」と嘆かれる場面があります。とても悲しいことです。実際に発達性読み書き障害について理解している先生はそう多くはないのではないでしょうか?この本はマンガで発達性読み書き障害について分かりやすく説明されています。学校に1冊置いていただき、発達性読み書き障害について学ぶ機会にしていただきたいです。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...