ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 子どもに見せたい動画(考えさせられる動画) » NHK発達障害の友達について理解を深める番組「u&i」

NHK発達障害の友達について理解を深める番組「u&i」

calendar

NHKの「u&i」という番組をご存知でしょうか?

u&iは身体障害や発達障害に対して子どもの目線で考えるNHKの番組です。身体障害や発達障害など、困難をかかえた子どもたちの特性を知ることで、多様性への理解を深めることができます。

番組の内容

主人公のアイという女の子がサルの妖精たちと困難のある友達の“ココロの声”に耳を傾けながら、その悩みや特性を知り、どうしていくのがいいかを考えます。子ども目線の番組ですが、発達障害について学んでいるはずの先生でも「ハッ」と気付かされる内容が多いと思います。身体障害や発達障害は当事者の声に耳を傾けないと実態が見えてこないことが多いです。私が見た回では、給食でカレーをよそおうのが苦手な女の子の話でした。心の声を聞いてみると

「違う動作を同時にするのが苦手」

ということがわかりました。その後、3択で次のうちこの女の子が苦手なことはどれでしょう?と問題が出されます。

  • 雑巾ししぼり
  • 定規で線を引く
  • 自転車に乗る

正解は・・・全部です。ふたばは自信満々に「自転車」と答えてしまいました・・・恥ずかしいです。学び続ける必要性を感じました。

ふつうってなんだろう?

「ふつうってなんだろう?」は、
2分のアニメシリーズです。

周りの人と感じ方が違う、人とうまくコミュニケーションを取れない、感情をコントロールするのが難しい…。そんな「どうにもならないふつう」を抱える人たちが、苦しみの先に見出した希望を、自らの声で語ります。アニメを手掛けるのは、新進気鋭の作家たち。各回異なる、個性豊かな作風も見どころです。

とてもためになる番組なのでぜひ見てみてください。

「ふつうってなんだろう?」のページはこちら

発達障害についてはこちらの記事もご覧ください

マンガ「うちの子は字が書けない」で発達性読み書き障害(ディスレクシア)を知る

 

ふたばのブログが本になりました。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、中学理科の授業情報をまとめた書籍「100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100」を明治図書から出版。また、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。
先生向け情報サイト「ふたばのブログ」の他、反転学習や、家庭学習に利用できるオンライン学習サイト「ふたば塾」を運営。
記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...