ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

今回は、遺伝子操作や接ぎ木、品種改良で作った面白い植物をご紹介します。単元でいうと3年生の「遺伝」ですね。接ぎ木は、単元には関係ありませんが、興味を高めるという意味で見せると良いと思います。

ポマト

 
ポマト(pomato)は、細胞融合よって作られたジャガイモ(potato)とトマト(tomato)の雑種。ジャガイモの茎にトマトを接いだ「ジャガトマ」「トムテト」とは異なる。1978年に西ドイツ(当時)のマックス
プランク研究所(分子細胞生物学・遺伝学研究所)のメルヒャーズ(Melchers)が初めて作出した。
Wikipediaより抜粋
ポマトは本来ジャガイモとトマトの一挙両得を狙ったものではなく、暖地性のトマトにジャガイモの耐寒性を持たせる目的で開発された。が、完成した植物はトマトとしてもジャガイモとしても不完全で役に立たない失敗作であり、一時期未来の植物と注目されたポマトは消えていった。

トムテト

トムテトはポマトとは違い、フルーツトマトとじゃがいもをThomson社独自のノウハウをもとに接ぎ木したものですが、トマトは市販のものよりも糖度が高く、じゃがいもも大振りなものが収穫できるとのこと。同社では、1本の接ぎ木から400個のフルーツトマトと2kgのジャガイモが収穫可能であるとしています。

キャべコン

キャベツとダイコンの葉の下を水平に切断。そして、ダイコンの上にキャベツを乗せて、接木用チューブで支える。その後、ビニールで作ったトンネルの中に入れる。そこから7~10日経つと、めでたくキャベコンの誕生となる。……と簡単に説明したが、キャベコンづくりはちっとも簡単じゃない。この新野菜、できあがるまでの成功率がすこぶる低いのです。

今回は150株を接木。しかし、成功したのはたった10株です。なんという、狭き門。

 キャベザイ

鍋の時期にピッタリ。キャベツ×白菜の合体植物。肉質はキャベツと白菜の中間で、歯切れよく芯も少ないです。サラダ、炒め物、鍋料理、漬け物などあらゆる料理に適しています。定植時期は8月上旬~10月。定植後、60日頃から収穫できます。

カリブロ

カリブロは、「ブロッコリー」と 「カリフラワー」 を組み合わせて生まれた新しい野菜なんです。カリフラワー ほど固くなく、食感はブロッコリー?、味はほんのり~カリフラワーに似ています。

スティックセニョール

スティック・セニョール(茎ブロッコリー)はブロッコリーと中国野菜の芥藍(カイラン)を掛け合わせたもので、茎まで柔らかく食べられる野菜です。実はもともと日本で開発された品種でしが、国内市場ではあまり流行りませんでしたが、輸出したアメリカで大変人気が出たため、日本に逆輸入されたそうです。ビタミンが豊富で栄養価が高い上に、調理用途も幅広く、茹でても炒めても美味しい野菜です。

チンコン

キャべコンと同じ方法。チンゲンサイと大根の合体植物。

カブコン

同じく、カブと大根の合体植物。

ハクコン

同じく、白菜と大根の接ぎ木。

 たくさんの面白植物を調べてみて

生徒は、このような植物に面白さと科学の可能性を感じるはずです。しかし、遺伝子操作などは何が起こるか分からない部分もあります。生徒に見せるときは、良い部分だけでなく危険性についても合わせて教えるべきですね。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月5万5千pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate