ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 実験・授業の情報 » 面白植物2
面白植物第二弾、今回も様々な面白植物を紹介します。

問題:トマト+ピーマン=?

正解は•••

トマピー※品種改良

トマピーは花柄でトマトの様な形をした新種のパプリカです。 濃い鮮やかな紅色で肉厚であり、パリッとした歯ごたえと口に広がるみずみずしさは気品のある香りとほのかな甘味をともなっています。 
↑トマトは見た目だけです(笑)

バナップル

ハイブリッドフルーツ
「バナップル」リンゴ風味のさわやか系バナナ。こちらはリンゴと掛け合わせたのではなく品種改良で生まれたもの。一部スーパーや通販で購入可能。

パパイヤメロン

ハイブリッドフルーツ「パパイヤメロン」「マクワウリ」とスペイン原産のメロン「ピエール・デ・サポ」を掛け合わせたもの。
九州を中心に販売が広がっている。

オレタチ

 
オレンジとカラタチのハイブリッド種
柑橘類はハイブリッド種が多いです。
その他の柑橘類のハイブリッド種として
ユーブル(ゆずとネーブルオレンジ)
グレーブル(グレープフルーツとネーブル)マーブル(マーコットとネーブル)
などがあります。

ハナッコリー

 はなっこりーは山口県農業試験場で中国野菜のサイシンを母親、ブロッコリーを父親として育成され平成8年より栽培され始めた山口県の新しい野菜です。
茎が柔らかいため、花蕾と一緒にさっとゆでると食べられます。鮮やかな緑と甘みがあり、くせがないのでサラダをはじめ、和・洋・中と幅広い料理にも利用でき、野菜の苦手なお子さんにも大変好評です。
ちなみにハナッコリーには歌もあるので気になる人は聴いてみてください。クラスで流した時は大盛り上がりでしたよ。

ハナコッリーの歌

 
ということで面白植物第二弾でした。
いやぁ、本当に理科って面白いですね。

ふたばのブログが本になりました。(先生向け)

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...