ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

タマネギの色素で染色(媒染剤で染める)

calendar

全回に続き染色ネタです。今回は、珍しいタマネギを使った染色について書いていきます。

タマネギの色素で染色



タマネギで染色するためにはタマネギの皮をたくさん集める必要があります。学校でカレーや豚汁を作るときに皮をもらうといいかもしれません。

タマネギの表皮で染色を行う方法

タマネギにはケルセチンと呼ばれる色素が含まれています。
タマネギを染めたい布の重さの半分用意します。
お湯3リットルで20分煮詰めます。
プラスチックのザルで濾過します。
※金属だと変色してしまいます。
染色液がとれました。次に媒染液を作ります。
アルミ媒染剤
カリミョウバンAlK(SO42・12H2O
90gを3リットルの水に溶かして3%の水溶液をつくります。
鉄媒染剤
塩化鉄III、FeCl3
同じく3%の水溶液を3リットルつくります。
他にも硫酸銅IIで銅媒染剤などがあります。家庭でやるときはスチールウールをお酢につけると鉄媒染剤がつくれます。
「染色の仕方」
はじめに染色液に10分程度つけます。その後、媒染液に3分程度つけます。媒染液と触れた瞬間色が変わります。
酸化鉄媒染液は茶色になります。
アルミ媒染液では黄色くなります。
※媒染液がつかないように注意してください。
干して乾かします。
上がアルミ媒染液、下が酸化鉄媒染液で染めたものです。
かっこいいTシャツになれよ〜。
ということで媒染剤を使った染色でした。媒染剤の例としてナスの漬物の紺色を鮮やかにするためにカリミョウバンの水溶液につけるなどがあります。身近なところで化学が生きていることがわかりました。
↓完成品
おしゃれなタマネギTシャツをゲットしました。勝負服にします(笑)

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...