ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 実験・授業の情報 » アルミニウム、鉄、銅は酸とアルカリにどう反応するか?

アルミニウム、鉄、銅は酸とアルカリにどう反応するか?

calendar

アルミニウム・鉄・銅が、酸・アルカリにどのように反応するか調べる実験です。

アルミ・鉄・銅は酸とアルカリにどう反応するか?

 実験方法

アルミニウム、鉄、銅の板を2枚ずつ用意します。実験前に紙やすりで金属片を磨きます。6つの試験管を用意して水酸化ナトリウム水溶液1mol/l(アルカリ性)と塩酸1mol/l(酸性)を3本ずつ作り、3種類の金属をいれます。
 6本の試験管の内、1つの試験管だけ激しく反応しるのがわかるでしょうか?激しく反応しているのは鉄を塩酸に入れた試験管です。金属ごとにみていきましょう。それぞれ左が水酸化ナトリウム水溶液、右が塩酸です。

アルミニウム

酸にもアルカリにも溶けています。酸の方が気体の発生量は多そうです。

アルカリには反応せず、 酸に激しく溶けました。
試験管の中には黒い塊が見えます。塩化鉄ですね。

銅は酸にもアルカリにも気体は発生しませんでした。
黄色くなるのは塩化銅の影響みたいです。

【この実験からわかること】

①酸だけでなく、アルカリにも溶ける金属がある。(アルミニウム)※両性金属といいます。
②塩酸に溶けるものと溶けない金属がある
③金属の溶け方には違いがある
②、③から金属のイオンへのなりやすさがわかります。イオン化傾向と呼ばれるやつですね。

【イオン化傾向】

Li K Ba Sr Ca Na Mg Al Zn Fe Ni Sn Pb (H) Cu Hg Ag Pt Au
(リカバーするかな、まぁ当てにすなひどすぎる借金)
Li が最もイオンになりやすく(溶けやすく)Auが最もイオンになりにくい(溶けにくい)
今回の実験で使った順番では
Al>Fe>H>Cu
の順にイオンになりやすくなります。Hは酸を表しているので銅が酸に解けないことがわかります。では、鉄とアルミではなぜ鉄の方が激しく反応したのでしょうか?アルミニウムは空気中の酸素と一瞬で結びつき透明なAl2O3(アルマイト)に覆われます。これを酸化皮膜と呼びます。この反応は一瞬で起こるため、空気中ではアルミニウムそのものと反応させることができないのです。アルミニウムが特殊な金属であることがわかる実験でした。

ふたばのブログが本になりました。

授業で使えるデジタル教材が満載!「ふたば塾」

ふたばのブログの姉妹サイト「ふたば塾」では、理科の授業で使えるデジタル教材やプリント教材、授業動画で使ったスライドを無料で公開しています。

▶ ふたば塾はこちらから

▶ 授業プリントはこちらから

▶ 授業動画のスライドはこちらから

予習や復習で使えるYoutubeチャンネル

Youtubeチャンネル「ふたば塾」では、予習や復習で使える授業動画を配信しています。ふたば塾のデジタル教材に対応しているので関連付けて学習できます。ぜひご活用ください。

▶ ふたば塾のチャンネルはこちらから

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、中学理科の授業情報をまとめた書籍「100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100」を明治図書から出版。また、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。
先生向け情報サイト「ふたばのブログ」の他、反転学習や、家庭学習に利用できるオンライン学習サイト「ふたば塾」を運営。
記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】


100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]

【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同