ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 教具 » レゴを使った分数の教え方♩

レゴを使った分数の教え方♩

calendar

レゴを使った分数の教え方が分かりやすいとネットで話題になっています。

レゴで分数を学ぶ

この方法を使っているのはは、ニューヨークの小学校で算数を教えているAlycia Zimmerman先生です。小学校3年生に直感的に分数を教えるためにレゴを使っているそうです。数字で考えるより確かにわかりやすいですね。

↑1を基準に分数を視覚的に理解することができます。レゴなら一人ひとりに配ることもできそうですね。(投げない場合ですが・・・(笑))

レゴでるい乗を学ぶ

レゴは分数の他にも、累乗の計算、面積、体積など小学校、中学校問わず様々な分野で活用することができます。算数や数学は覚えても何の意味もないし、何より面白くありません。レゴのような教具をうまく使い、生徒に本当に理解させることが大切だと感じます。そのためにも教師はアリシア先生のように創意工夫をして、わかる授業を展開してもらいたいです。
[amazon_link asins=’B00NVDNUIC’ template=’original’ store=’futabagumi0e-22′ marketplace=’JP’]

小数、分数の計算ができない中学生

中学校でも数学が苦手な生徒は多いです。分数の計算はもちろん、少数の掛け算、割り算ができない生徒がクラスの1割〜2割以上いる学校もあるそうです。このような状況では、中学校の学習内容を理解させるのは授業力の話ではありません。たしかに、中学校の数学は小学校の算数よりも難易度が高いです。しかし、中学校で数学ができない生徒が増えてしまう一つの原因は小学校の算数を理解していないことにあると思います。
分数の意味もわかっていないのに、ただ、「逆数にしてかける」などといった計算方法だけを機械的に暗記させ、さらに
「分数が理解できたかテストしてみよう。」
と意味のないテストを受けさせます。
生徒はもちろん
「100点だ〜♩算数が理解できたぞ!僕は算数が得意なんだ!」
と勘違いします、、
 
この算数を理解させない間違った学習法とその学習法が正しいと勘違いさせてしまう「テストの点数」という生徒へのフィードバック。この悪循環が生徒から学力を奪っているように思います。これは、小学校だけでなく、中学、高校にも当てはまることです。本当の意味で学力を伸ばすとはどういうことなのか?生きる力をつけるとはどういうことなのかを今一度問いなおすべきだと思います。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]

【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder デジタル教材・プリント教材

太陽の一日の動き
温帯低気圧の一生
原子の性質
more...

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...