ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Flying Tigerのアーケードゲームが支援教育で使えるかも

calendar

FlyingTigerでは科学関係だけでなく、特別支援学級で使えそうなゲームがたくさん置かれていました。今回はそんなFlyingTigerの室内ゲームをご紹介します。

FlyingTigerの室内アーケードゲーム

①ミニ卓球(ピンポン)

まずは大堂の卓球台です。小さな卓上卓球台がなんと1500円!これは使えます。

FlyingTigerピンポンのホームページ

ミニ卓球セット

机に吸盤でネットを貼り付けるタイプならなんと400円です。

FlyingTigerミニ卓球セットのホームページ

②サッカーゲーム

誰もが一度は憧れる卓上のサッカー盤もありました。価格は2500円・・・楽しすぎます。

FlyingTigerサッカーゲームのホームページ

過去には1200円のものもあったようです。普通に欲しいです。

FlyingTigerの1200円のサッカー盤

③ミニビリヤード

大人の遊び、ビリヤードもミニバージョンが売られていました。価格が改定されて、3000円から2500円に値引きされていました。インテリアとしてもオシャレですね。

FlyingTigerビリヤードのホームページ

④エアホッケー

ふたばが大好きなゲームセンターで人気のエアホッケーまでありました。商品名にもair hockyとありますが、本当に空気がでるんですよね?もし出るなら、等速直線運動の実験に使えるかもしれないと思いました(*^_^*)値段も1500円と安いので、加工して3つ連結させて長いの作れないかなぁ・・・なんて考えて結局買いませんでした(笑)

FlyingTigerエアホッケーのホームページ

⑤その他のミニアーケードゲーム

他にもプチボーリング、プチビリヤード、迷路ボール、玉入れゲームなどなど支援教育だけでなく、球技大会なとで使えるかもしれないと思いました。

⑥学習時計

時計を読む力は社会に出るためには必要な力です。FlyingTigerでは時計学べる学習時計が300円で売られていました。教室の上に学習時計を並べて設置して、朝学活、授業開始、授業終了、帰り学活とひと目で分かるようにしてもいいかもしれないと思いました。

⑦算数カード

一桁の計算をイラスト付きで学べる算数カード。数字をみてイメージができない子どもでも、絵を数えることで自然と計算問題を解くことができます。

ホワイトボードマーカーで記入できる

カードはホワイトボードマーカーで記入可能なので、繰り返し問題を解くことができます。

まとめ

ということで特別支援教育で使えるかもれないFlyingTigerグッズの紹介でした。

アーケードゲームについてはすべて集めて設置したら支援教室がゲームセンターのようになってしまいそうですね(笑)通常学級の生徒まで集まってきそうです。そこで他の生徒との繋がりが生まれれば良い効果だと思います。でも、元気系生徒の溜まり場になってしまうかも・・・ご自身の責任でうまく活用してみてください。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

放射線
天球
水溶液と濃度
more...