ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 教具 » 科学がちゃ、変態する昆虫「完全変態」が小学校の授業で使えるかも

科学がちゃ、変態する昆虫「完全変態」が小学校の授業で使えるかも

calendar

ダンゴムシがちゃに続き、科学がちゃネタです。今回は小学校の先生に使っていただきたい科学がちゃ「変態する昆虫」をご紹介します。

ポーチの中からハンカチが出現 完全変態

最近の子どもたちは虫がとても苦手なようです。このことは前にブログでも取り上げました。

ジャポニカ学習帳から昆虫が消えて思うこと

ふたばは虫取り少年だったので、このニュースを聞いてとても悲しくなりました。しかし、ムシキングなど昆虫好きの子どもたちはまだまだ一定数はいると思います。子どもたちにとって最も身近に感じられる生き物は、やっぱり昆虫ではないでしょうか。どこにでもいて、捕まえたり飼育したり・・・そんな素敵な昆虫をもっと好きになってもらいたい。子どもの興味を引く昆虫の生態って・・・・

「完全変態」しかないやろー!

ということで、完全変態をテーマに作られたポーチを紹介します(笑)

完全変態

出典:サイエンステクニカラー

先に言っておきますが、変態といっても、あの変態ではありません。

完全変態とは

幼虫が成虫になる際、いったん運動能力を著しく欠いた(さなぎ)と呼ばれる形態をとり、蛹から脱皮して成虫が現れる。すなわち、卵→(孵化)→幼虫→(蛹化)→蛹→(羽化)→成虫という段階を経るものを完全変態という。チョウ、ハチ、ハエ、甲虫などが該当する。Wikipediaより引用

ちなみに不完全変態ということばもあります。

不完全変態とは

蛹を経ず、幼虫が直接成虫に変態することを不完全変態という。昆虫の基本的な変態様式で、この場合の幼虫は、完全変態をするものと区別するため、通常は「若虫(じゃくちゅう、わかむし)」と呼ばれる。中でもセミ、カマキリ、トンボ、バッタ、ゴキブリなどが代表的な例である。

ポケモンが人気になったのは頑張ってレベルを上げたポケモンが進化するということが理由の一つだと思います。

※進化とは生物の形質が長い時間をかけて世代を経る中で変化していく現象なので、そもそもポケモンは進化しているとはいえません(笑)

しかし、昆虫には進化に優るとも劣らない「完全変態」があります。響きは悪いですが、子どもたちを夢中にさせる力を秘めています。

変態する昆虫は、カブトムシ幼虫→蛹、カブトムシ蛹→成虫、オオゴマダラ蛹→成虫、ヘビトンボ幼虫→成虫、ヤマトタマムシ幼虫→成虫、オオミズアオ繭→成虫の全6種類。

変態前のポーチから変態した昆虫が現れます。少年時代のドキドキを毎日体感できる変態する昆虫のポーチ&ハンカチ!小学校の先生に授業で使っていただきたいです。いかがでしょうか?

ふたばのブログが本になりました。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、中学理科の授業情報をまとめた書籍「100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100」を明治図書から出版。また、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。
先生向け情報サイト「ふたばのブログ」の他、反転学習や、家庭学習に利用できるオンライン学習サイト「ふたば塾」を運営。
記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...