ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 教具 » DIMEの付録がデジタルスケールPROに!

DIMEの付録がデジタルスケールPROに!

calendar

デジタル好きのふたば。昨今盛り上がるメタバースについても興味津々。そんなふたばの物欲をくすぐる本が発売されました。

DIME4月号があつい!

ブログでも何度か紹介した雑誌DIMEの4月号が熱いです。

DIMEが熱い理由①付録がデジタルスケールPRO

ふたばがDIMEを取り上げるときは必ず付録が熱いときです(笑)今回の付録は理科の実験などで大活躍する電子てんびんです。

こんなデジタル機器が付録なんて最高すぎますね!こんな付録がついて1200円っておかしくないですか?学校で正規のルートで買うとなんであんなに高くなっちゃうんでしょうね?

DIMEが熱い理由②メタバースとサブスク

コロナ禍によって不登校が激増しそうです。コロナ禍の今はコロナを理由とする欠席は出席扱いとなりますが、コロナ禍を過ぎると・・・想像に難くないですね。そんな未来を見据えると教育界においてメタバースを考えることはとても重要です。私達教師には、イジメや虐待など、子どもの異変に周りより早く気づく責任があります。そして子どもたちの周りにはデジタル機器が溢れています。

「ラインのグループに入れてもらえない」

なんて話を聞いて、

「ラインのグループって何?」

なんて言われたら二度と相談しないですよね。学校外のトラブルはそもそも学校内での解決は難しいです。でも、だからといって問題があったことすら知らないのはまずいと思います。保護者に報告ぐらいはできますしね。

まとめ

ということでDIME4月号についてでした。税金を大切に使うならこの本をクラス分買って、電子てんびんを理科室に、雑誌を学級文庫にしたらいいと思いました。説明としては、「理科の『科学技術と人間』の単元の副読書」とかですかね(笑)

授業で使えるデジタル教材が満載!「ふたば塾」

ふたばのブログの姉妹サイト「ふたば塾」では、理科の授業で使えるデジタル教材やプリント教材、授業動画で使ったスライドを無料で公開しています。

▶ ふたば塾はこちらから

▷ デジタル教材はこちらから

▷ 授業プリントはこちらから

▷ 授業動画のスライドはこちらから

予習や復習で使えるYoutubeチャンネル

Youtubeチャンネル「ふたば塾」では、予習や復習で使える授業動画を配信しています。ふたば塾のデジタル教材に対応しているので関連付けて学習できます。ぜひご活用ください。

▶ ふたば塾のチャンネルはこちらから

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、学びエイド認定鉄人講師、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了、MIE(Microsoft Innovative Educator 2022)取得
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、中学理科の授業情報をまとめた書籍「100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100」を明治図書から出版。また、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。
先生向け情報サイト「ふたばのブログ」の他、反転学習や、家庭学習に利用できるオンライン学習サイト「ふたば塾」、中学理科の授業動画を中心としたYoutubeチャンネル「ふたば塾」を運営。
記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】


100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]

【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
株式会社リバネス(教育応援VOL55)
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同