ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

色の見え方は人それぞれ→感じ方も人それぞれ2

calendar

前回、ドレスの色の見え方について書きました。今回は色そのものについてです。

色の見え方

みなさんは
「私にとっての赤とあの人にとっての赤は本当に同じ色なのか?」
という疑問を持ったことはありますか?私は理系だからか、たまにそういうことを考えています(笑)結論としては、これを証明することは不可能らしいです。
人の認知を確認することはできません。
しかし、
「色を何色認識できるか?」
という疑問はカラーチャートテストによって確かめることができます。
下の画像は、ニューロマーケティングの専門家Diana Derval氏が、ネット上に投稿したものです。

カラーチャート


あなたは何種類の色が見えますか?

<20色以下>


20色以下だという人は全人口の1/4にあたり、多くの人が3種類の色覚受容体を持つ中ひとつが欠ける2色型色覚となります。一般的には、赤系統、もしくは緑系統の判別が難しい人が多いそうです。 


<21色から31色の場合 >

人口の大半はこの21色から32色が見える。ごく一般的で青・赤・緑の3色型色覚で約100万の色が認識できるそうです。 

<32色から39色の場合 >

32色以上見える人は青、緑、赤、黄の4色型色覚タイプで1/4の人が当てはまります。3色型色覚の100倍の1億色以上の色を認識できると言われています。 

男にとって困る質問

実際には下のように39種類の色を使っているそうです。人によって見える色の種類が違うって不思議ですね。ちなみに4色型色覚は女性に多いと言われています。
考えてみれば、カップルで
「こっちのとこの、どちらがいい」
↑実際に赤の色を変えてあります。わかりますか?
と聞かれて困っているのはいつも男ですね。女性が色の違いにこだわる理由が、わかりました。ぜひクラスで生徒にやらせてみたいと感じました。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...