ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

紙パックで紙づくり実験

calendar

 紙パックを使って紙づくりを行いました。授業では難しいかもしれませんが、科学部などの活動としてやってみてはいかがでしょうか。

紙パックで紙づくり

実験というより、職業体験に近いかもしれません。和紙の作り方に似ています。一昔前、牛乳パックでハガキなどを作るのが流行りましたね。牛乳パックでもできるのですが、内側にあるビニールが取りにくいので、今回は内側がアルミでコーティングされている紙パックを使いました。ワインの紙パックなどもアルミでコーティングされているようです。
まず、紙パックを手で細かくちぎります。
水に一時間程度浸けて、柔らかくしておきます。
鍋で30分ほど煮込むと表面のビニールと内側のアルミが剥がれてきます。
ここからは地味な手作業です。紙パックの両面についているアルミとビニールを
ひたすら剥がします。
3人で10分程度むきむきしました。
努力の結晶(ビニールとアルミ)
これをミキサーですり潰します。
お粥のようになりました。
このままでも紙を作ることはできますが、せっかくなので染色液を加えました。
上が紅花、下が蓼藍の染色液を加えたものです。
ここに洗濯のり(PVA)を適量(ブチューっと)加えると準備完了。あとは紙をすくだけです。
こちらは手製の紙すき器
木製の枠と金網でできています。100均のフォトフレームを利用すればつくれます。
粉々になった紙をすいて金網の上に薄く整えます。
木の板を金網の上に乗せて、タイミング良く
ていっ!
丸めた雑巾で水気を取ります。
あとは乾くのを待つだけ。
完成〜♩
ドライヤーを使うと早く完成させることができます。植物の葉を入れたりとオリジナルの紙を作ることもできます。手軽にできるのでぜひやってみてください。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す