ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

青くなる魔法の水の実験で生徒の心を掴む!

calendar

今回は、生徒の心を掴む演示実験「魔法の水」をご紹介します。

振ると青くなる魔法の水

実験方法

無色透明な液体を見せて

「ここにただの水があります。この水に魔法をかけると・・・・」

と言ってペットボトルを振ります。すると、無色透明の水がきれいな青色に変わります。

「ただの水に戻れ〜」っと念じると、また無色透明に戻っていきます。子どもたちにとっては魔法のように感じるのではないでしょうか?ちなみにこの液体の色の変化は何回も繰り返すことができます。

実験の解説

この実験の色の変化は酸化還元反応によって起こっています。生徒に「ただの水」と伝えた液体は当たり前ですがただの水ではありません(笑)メチレンブルーが含まれているのです。

メチレンブルーの2つの状態

メチレンブルーには、酸化型と還元型の2つの状態があります。酸化型は青色で、還元型は無色透明です。この実験では、このメチレンブルー2つの状態を使って液体の色を変化させています。

試薬の作り方

  1.  水50 mL、水酸化ナトリウム0.8 gを加えて溶かします。
  2. 水酸化ナトリウムが完全に溶けたら、グルコース0.5 gを加えます。
  3. 2で作った液体を50~60℃で湯せんして温めます。
  4. メチレンブルー水溶液を数滴加え、色の変化を観察します。

メチレンブルーの試薬を作ると、メチレンブルーが水に溶けることできれいな青色になります。しかし、還元性を持つグルコースがあることですぐに液体は無色透明になるのです。しかし、ペットボトルを振るとメチレンブルーが空気中の酸素に触れるため、分子内の水素が奪われて酸化型になり再度青色になるです。面白い実験ですね。

水酸化ナトリウムを入れる理由と温める理由

塩基である水酸化ナトリウムはグルコースの還元性を高めて、反応を促進する役割を果たします。また、温めたのも還元性を高めるためです。

メチレンブルーについて

メチレンブルーは、細胞の核を観察するときの染色液として使われる色素です。また、水槽の魚の病気の薬としても使われます。このため、ホームセンターやペットショップで購入することができます。実験しやすいですね。生徒の心を掴む「魔法の水」の演示実験。ぜひやってみてください。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...