ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

剥ぎ取り標本から地質学者について考える

time 2017/08/17

大阪市立自然史博物館で地層の剥ぎ取り標本を見せてもらいました。

剥ぎ取り標本から地層について考える

大阪市立自然史博物館では様々な剥ぎ取り標本が保存されています。

和歌山の海の地層

海の地層なので貝殻がたくさんあります。

こちらはゴミがあります。現代の地層には人が出したたくさんのゴミが含まれていそうです。

続いては昔の地層です。

 斜めに筋が入った地層

斜めに筋が入って折り重なるようになっています。

泥炭を含んだ地層

黒っぽい地層は泥炭でできているそうです。

 授業で使える地層

礫の層と砂の層があるのがわかります。 

こちらは上側が砂の層、下に礫の層があります。礫の層は下の方ほど粒が大きく、上に行くにつれて粒が小さくなっています。小学校で行う堆積の実験と同じですね。そう考えると1つ気になることがあります。

礫は徐々に粒の大きさを変えたのに、砂の層はオレンジの矢印を境に急に現れます。これぞ「不整合」です。よくみるとこの境目が少し凹んでいることがわかります。侵食されたことがわかります。この不整合面で海進があったのだと予想されるのです。地層から大昔の出来事を読み取るのは本を読むのに似ています。ただし、この本はとても難解です。地質学者は難解な本を読み解く探偵のような人たちだと感じました。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月5万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate