ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 実験・授業の情報 » 剥ぎ取り標本から地質学者について考える

剥ぎ取り標本から地質学者について考える

calendar

大阪市立自然史博物館で地層の剥ぎ取り標本を見せてもらいました。

剥ぎ取り標本から地層について考える

大阪市立自然史博物館では様々な剥ぎ取り標本が保存されています。

和歌山の海の地層

海の地層なので貝殻がたくさんあります。

こちらはゴミがあります。現代の地層には人が出したたくさんのゴミが含まれていそうです。

続いては昔の地層です。

 斜めに筋が入った地層

斜めに筋が入って折り重なるようになっています。

泥炭を含んだ地層

黒っぽい地層は泥炭でできているそうです。

 授業で使える地層

礫の層と砂の層があるのがわかります。 

こちらは上側が砂の層、下に礫の層があります。礫の層は下の方ほど粒が大きく、上に行くにつれて粒が小さくなっています。小学校で行う堆積の実験と同じですね。そう考えると1つ気になることがあります。

礫は徐々に粒の大きさを変えたのに、砂の層はオレンジの矢印を境に急に現れます。これぞ「不整合」です。よくみるとこの境目が少し凹んでいることがわかります。侵食されたことがわかります。この不整合面で海進があったのだと予想されるのです。地層から大昔の出来事を読み取るのは本を読むのに似ています。ただし、この本はとても難解です。地質学者は難解な本を読み解く探偵のような人たちだと感じました。

ふたばのブログが本になりました。(先生向け)

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...