ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 実験・授業の情報 » 手羽先で筋肉の、関節、けんの観察

手羽先で筋肉の、関節、けんの観察

calendar

手羽先を使って筋肉と骨格について学びました。今回は手羽先の解剖について書いていきます。

手羽先の解剖

解剖の手順

解剖用ハサミ。丸まっている方を傷つけたくない方向にして使います。
まずはハサミで皮を剥いていきます。
赤い筋肉を切らないように注意します。
大分筋肉が見えてきました。
骨の両側に筋肉があるのがわかります。
皮を取り終えました。
筋肉を引っ張ると骨が動きます
筋肉の周りの膜を切り取ると観察しやすいです。
筋肉が骨に繋がっている部分。「けん」です。白色です。とても強くて手ではとてもじゃないですが、ちぎれません。
けんの拡大図。
手羽先の色々な場所の筋肉を引っ張ると対応する骨が動きます。思いもよらないところが動いたりして面白いです。

IMG_4419

IMG_4421

手羽先の解剖の紹介でした。簡単に手に入って面白い実験なのでぜひやってみてください。

骨格標本作り

筋肉の観察を終えた後、手羽先を骨格標本にしました。はじめに肉と軟骨を徹底的に取り除きます。ピンセットや解剖バサミをつかって行うのですが、軟骨が曲者です。入れ歯洗浄液を使ってタンパク質を溶かしていくと肉が柔らかくなって取りやすくなります。水酸化ナトリウムはアルカリ性が強すぎて骨まで溶かしてしまう恐れがあるそうです。

苦労して骨にしましたー。疲れたー。これを資料をもとに組み立てると・・・
おー、鳥の翼のまさしく骨格です。
これを瞬間接着剤で固定していきます。
完成♩全身骨格も作ってみたくなりました。ぜひやってみてください。
インターネットにはケンタッキーを使って骨格標本を作る方法が載せられています。
頭部以外無駄なく使っていますね。これに鶏頭水煮をつけると一頭できそうだと感じました(笑)

ふたばのブログが本になりました。(先生向け)

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...