ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

タマネギのDNAの抽出

calendar

DNAの抽出実験を中学校でされている先生はどれくらいいるのでしょうか?教科書には載っていますが、中々手が出せていないのが現状てまはないでしょうか?今回はそんなDNAの抽出実験について書いていきたいと思います。

DNAの抽出実験

タマネギのDNAの抽出をしました。この実験は低温で行うことがとても大切です。
冷凍庫でカチンコチンに固まったタマネギです。

これをミキサーにかけます。


ミキサーにかけたタマネギをろうとで濾過します。
タマネギをお茶パックで包み、コーヒーフィルターで濾過しました。
今回は時間がないため手で圧力をかけて濾過しました(笑)
濾液10mlに10%NaCl10mlと中性洗剤2mlを加えて静かに混ぜます。中性洗剤を使うことで細胞膜を壊してDNAを取り出すことができるようになります。
ここに冷却したエタノール20mlを加えるとDNAを抽出することができます。DNAは水には溶けますが、アルコールに溶けないからです。


水とエタノールの液面に白いモヤが見えてきました。これがDNAです。
ピンセットで掴めました。
学校の実験でDNAが見えるなんてすごいですね。わかりにくければタマネギの汁を追加して垂らすと白いモヤがみえます。
ブロッコリーの場合も実験方法は同じです。準備は大変ですがぜひやってみてください。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...