ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

オオカナダモとネンジュモから迫る真核細胞と原核細胞

time 2017/04/26

真核細胞と原核細胞についてオオカナダモとイシクラゲ(シアノバクテリア、ネンジュモ科ネンジュモ属)から迫っていきたいと思います。

真核細胞と原核細胞


出典:真核生物の起源

 オオカナダモの観察

まずは真核細胞としてオオカナダモの葉を観察します。


綺麗です。オオカナダモの葉は細胞が2層構造になっています。
↑奥の細胞→手前の細胞とピントを合わせたオオカナダモ。酢酸カーミンで染色してしばらく時間を置きます。
細胞壁、葉緑体、染色体が見えます。
核は細胞壁に貼りつくようにあります。
細胞は大きく、観察しやすいです。タマネギのように、核、細胞質、細胞壁などからなるものを真核細胞といいます。

酢酸ゲンチモアバイオレットで染色

酢酸ゲンチモアバイオレットで染色してみます。
染色体が鮮やかにうつりました。

イシクラゲ(ネンジュモ)の観察

続いて原始的な植物であるイシクラゲを観察します。今、地球上に酸素がこんなにたくさんあるのは、イシクラゲのおかげと言っても過言ではないそうです。
公園など水辺に近い地面に生息しています。顕微鏡で見てみました。
400倍で観察したもの。イシクラゲは別名をネンジュモと言います。念珠とはお数珠のことです。小さな細胞が規則正しく並んで、数珠(真珠のネックレス)のようになっています。どの細胞もオオカナダモに比べると小さいです。
↑染色したもの。
原核細胞には細胞壁と細胞膜など一部の機能しかありません。真核細胞は原核細胞から細胞レベルで進化したと考えられています。一説によると、原核細胞がネンジュモを細胞内に取り込むことで葉緑体を得たり、好気呼吸をしてエネルギーを作る細胞を取り込むことでミトコンドリアを得たそうです。その証拠にミトコンドリアや葉緑体は独自のDNAをもっていることがわかっています。これってすごいことですね。私たちの身体にもミトコンドリアのDNA があるんです。ちなみにミトコンドリアのDNAは父から遺伝するそうです。生命の神秘を感じた観察でした。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月45000pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate