ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

手作り発泡スチロールカッター

calendar

今回は小学校でよく行われる実験「発泡スチロールカッター」を簡単につくる方法を紹介します。

手作り発泡スチロールカッター

準備する物

割り箸2膳、電池、ニクロム線、洗濯バサミ、ビニールテープ、導線、ミノムシクリップ
 

①割り箸に導線をビニールテープで固定します。
こんな感じです。
②洗濯バサミの円形の金属にわりばしを挟みます。
こんな感じでです。
ビニールテープで固定します。
③割り箸の中央で導線を切ります。
④乾電池を取り付けます。


導線の先にニクロム線を取り付けます。
ニクロム線の長さを4センチ程度になるようにしてください。
完成です。
裏側
早速発泡スチロールを切ってみます。
導線を繋いで、火傷に注意して発泡スチロールを切っていきます。
いい感じです。
さらに切れ味(温度)を高める方法を考えます。

【切れ味をよくする方法①】

ニクロム線の長さを短くする。

【切れ味をよくする方法②】

電池を直列に繋ぐ。
W数が増えます。中学二年生の学習内容と繋げたいです。

【切れ味をよくする方法③】

ミノムシクリップでニクロム線の途中を挟む。意味合いは①と同じですが、これなら自由に調整することができます。
色々工夫してやるとおもしろいです。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...