ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

手作りはく検電器

calendar

はく検電器は購入すると一万円近くする効果な実験器具ですが、身近な材料で作ることができます。今回ははく検電器を自作する方法を書いていきます。
 
【はく検電器を手作りする方法】

①アルミホイルと銅線

アルミホイルではく検電器を作ることができます。
厚紙にアルミホイルを巻きつけてつくります。アルミとプラスチックの容器が接触しないように絶縁体(ポリウレタンなど)をつかいます。
ポイントとなるはくは、少しの静電気で浮き上がるようにうすく、短く、軽く作ります。可動部分には細い導線を軸にするとうまくいきます。

②ビート板とトイレットペーパー

ビート板とティッシュペーパーでも作れます。
ビート板は絶縁体としてつかいます。
ビート板に切れ目を入れて厚紙を差し込みます。
ティッシュペーパーをはくとしてつかいます。一枚のティッシュペーパーは二枚重なった構造をしているので、一枚にして画用紙などで挟んでハサミで切ります。
あとは両面テープで貼るだけです。
ティッシュは短い方が軽いため反応しやすいです。ねじれも少なくなります。
あとは厚紙を切り目を入れて広げて金属板にあたる部分を作れば、
はく検電器の完成です。
 

②ダンボールとトイレットペーパー


なんとダンボールでも作れるみたいです。
↑ちゃんとはく検電器として使えます。
「ダンボールって電気通すの?」
と不思議に思ったあなた。さすがです。そこが、静電気と動電気の違いです。何がちがうのか調べて見てくださいね。

まとめ

思った以上に簡単に作れるので、授業の中でも作らせたいと思いました。あとは時間との関係ですね。面白く、そして学力もつける。頑張りましょう。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

水溶液の性質
圧力・水圧(浮力)・気圧
道具を使った仕事
more...