ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

地層と断層の観察

time 2017/02/23

兵庫県、蓬莱峡に六甲断層を観察しにいきました。

地層や断層を見る機会は少ないので新鮮な気持ちです。

山は何でできているのでしょうか?近づいてみます。

山は何でできている?

足元の石を調べると、白とピンクと黒のまだらです。花崗岩であることがわかります。
茶色く見えるのは風化した長石です。長石や黒雲母は風化しやす性質があるそうです。学校のグラウンドはこの花崗岩が風化してボロボロになったものだそうです。「真砂土」という名前で流通しています。グラウンドの土を顕微鏡でみると、石英や長石、黒雲母を観察することができますよー。石英は水晶のことだと伝えると子どもたちは必死で探します(笑)
割れ目に黒いものが見えます。
ハンマーで叩くとボロボロと崩れます。指で押すと柔らかく形を変えます。長石などが風化して粘土になったものだそうです。
こちらが六甲断層です。左側が断層破砕帯、右側が流紋岩でできています。さらに左には花崗岩からなる岩盤がつづきます。花崗岩と流紋岩の成分は同じですが、でき方が違います。花崗岩は深成岩、流紋岩は火山岩ですね。でき方でこんな変化がでるんですね。

地層の観察

わかりにくいですが矢印の部分に昔川だった名残があります。
こちらは別の場所です。川の特徴といえば、平べったくて丸い石ですね。このような石の覆瓦構造を見ることで川の流れの向きまでわかるんですね。

※覆瓦構造についてはこちらの記事をご覧ください。

川の流れはどっち向き?

よく見るとここにも
ここにもあります。

六甲断層の凄まじさ

こののどかな風景に六甲断層の凄まじさが隠れています。どこかわかりますか?
平和な段々畑ですが・・・
実は断層の成れの果てです。六甲断層が10メートル近く隆起した場所だと教えてもらいました。地面がこれだけ持ち上がるなんてすごい力ですね。ただ、この後六甲断層縦ズレ断層ではなく、右横ずれ断層にあたること。右に100mズレていて山や川が曲がっていることを教えてもらい、地球のすごさに思考がストップしてしまったふたばでした。
普段地層をみる機会はないと思いますが、山に行く機会があれば、観察してみると面白いです。ぜひいろいろみてみてください。面白い発見があるかもしれませんよ。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月5万5千pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate