ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

タマネギの細胞の観察実験

time 2017/05/02

細胞の観察でおなじみのタマネギの観察実験です。

タマネギの細胞の観察実験

まずは、タマネギの構造を考えます。


【各矢印の名称】

・・・肥厚して重なった葉(鱗葉)
・・・芽
・・・茎
・・・根
オレンジ・・・保護葉
私たちは葉を食べていたんですね。植物は養分を溜め込む場所が種類によって異なりますが、タマネギは地中の葉に溜めているということになります。
中心部は芽になります。タマネギを放置すると緑色の芽がでますが、タマネギを半分に切ると、中心部が硬く色が変わっていることがあります。あれが芽です。根の生えている硬い部分が茎です。私たちのイメージする茎とは大きくかけ離れています。
普段見慣れたものなのに、
「タマネギの茎はどこにある?」
という質問にも答えられない人が多いと思います。「どうなっているんだろう?」と身近な事物・現象に疑問をもてる生徒を育てたいですね。

顕微鏡で観察



タマネギの細胞を染色したものです。タマネギは地中にあるので、葉緑体がありません。とても観察しやすく、よく細胞の観察実験で使われます。


こちらもタマネギの細胞です。上の写真と同じ倍率で観察しているので、細胞の大きさが上の写真のタマネギに比べて小さいことがわかります。なぜ同じタマネギでこのような違いがあるのでしょうか?生徒に理由を考えさせると思考力を育めそうですね。
正解は、タマネギの外側の細胞と内側の細胞を比べているからです。タマネギは、内側の細胞ほど新しい細胞になります。そして、小さかった細胞が外側に成長していくにつれて大きくなっていきます。植物は基本的に液胞を溜め込むことで1つ1つの細胞を大きくします。大きな細胞はほとんどが液胞でできているそうです。

メチルグリーン・ピロニン染色液で染色



こちらはメチルグリーン・ピロニン染色液で染色したタマネギです。
メチルグリーンピロニン染色液はDNAを青色、RNAを赤色に染色します。核を拡大すると、青い核の中に2つの目のようなものが見えます。これが核小体です。RNAを含むため赤色に染色されます。
※上の写真では青色のメチルグリーンによって黒く見えています。
面白いです。よく行うタマネギの観察実験でもこんなに学ぶことがあるんですね。子どもたちにも、ただ知識を埋め込んだり、確認する観察実験ではなく、深みのある学びをさせていきたいものです。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月45000pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate