ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » 授業で見せたい動画(授業で使える動画) » 食物連鎖と因果応報「プラスチックを食べるプランクトン」

食物連鎖と因果応報「プラスチックを食べるプランクトン」

calendar

3年生、「自然と人間」食物連鎖の単元で子どもに見せたい動画です。

プラスチックとプランクトン

この動画は、イギリスの「Plymouth Marine Laboratory(プリマス海洋研究所)」によって撮影されたものです。

黄緑色に光っているものは、顕微鏡でしか観察できない小さなプラスチックの破片を蛍光色に光らせたものです。プランクトンがプラスチックの破片を食べていることが分かります。

プラスチックは自然界ではほとんど分解されません。そのため、海に捨てられたプラスチックはずっと漂い続けることになります。ボロボロになり、小さくなってもプラスチックのままなのです。

授業でこの動画を使う際は、プラスチックがこの後どうなるかを考えさせたいです。プランクトンは食物連鎖の最下層にいます。このプランクトンを小魚が食べ、小魚を大きな魚が食べます。生物濃縮によって魚に含まれるプラスチックの濃度は上がっていきます。私たちが食べる魚には、目には見えないくらい小さなプラスチックがたくさん含まれているかもしれないのです。

廃棄されるプラスチック

人間によって海に廃棄されるプラスチックの量は、年間約800万トンと言われています。プラスチックを口にすることで健康に被害が出たとしても、他の動物たちから見たら人間の自業自得ですね。

「海にゴミを捨てない」

これは一つの国で出来ることではありません。世界中の国々が自分たちの子どもたちのために、環境を守っていく必要があると感じました。

ふたばのブログが本になりました。(先生向け)

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...