ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

風船爆弾を知っているでしょうか?今回は、戦争で使われた負の遺産から地学を学んでいきたいと思います。

風船爆弾とは

『風船爆弾(ふうせんばくだん)とは、太平洋戦争において日本陸軍開発した気球に爆弾を搭載した兵器である。秘匿名称は「ふ号兵器」。「風船爆弾」は戦後の用語で、当時の呼称は「気球爆弾」である。戦果こそ僅少であったものの、ほぼ無誘導で、第二次世界大戦で用いられた兵器の到達距離としては最長であり、史上初めて大陸間を跨いで使用された兵器であり、実戦に用いられた兵器としても約7700km(茨城県からオレゴン州への概略大圏距離)は、発射地点から最遠地点への攻撃である。
出典:wikipedia

風船爆弾から戦争と偏西風を学ぶ

出典:wikipedia

 
風船爆弾は、手すき和紙をコンニャク糊で何層にも張り合わせた気球に焼夷弾を吊るした、兵器です。高度維持装置が積まれていて、高度が下がるたびに砂袋が落下する仕組みになっていて、すべての砂袋が落ちた時に焼夷弾が投下されるようになっていました。
気球は直径が10m、重量が約180kg。上空8,000mから12,000mに打ち上げ、晩秋から冬にかけて吹く強い偏西風に乗ることで最高時速300kmでアメリカに向けて飛ばされたようです。アメリカ本土に到達するまでの所要日数はなんと2日から4日。とても速いです。
写真は風船爆弾が打ち上げられた場所の一つ。茨城県の北茨城市にあります。
日本における3か所の放球基地からは、一万個近くの風船爆弾が放球されました。約1万km離れたアメリカで最低285個が落下したことが確認されています。1000個程度がアメリカに届いたと考えられているようです。とはいえ、9000個は無駄に海に落下していることになります。偏西風まで戦争に利用するなんて、すごい発想です。風船爆弾は道徳教材としてもつかわれています。道徳だけでなく、総合的な学習で平和学習として取り組むのも一つの方法だと思いました。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月4万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate