ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

理科好きにはたまらない京都のカフェ「ウサギノネドコ」が素敵

time 2018/04/28

ゴールデンウィークが始まりました。先生方は部活で忙しいと思いますが、せっかくのゴールデンウイーク。リフレッシュも兼ねてお出かけしませんか?今回はそんな理科の先生に行ってほしいカフェをご紹介します。

理系にオススメのカフェ

弟が京都に理科好きにはたまらない素敵なカフェがあるとの情報をくれました。それが今回ご紹介する「ウサギノネドコ京都店」です。

ウサギノネドコ

ホームページによると、ウサギノネドコは「自然の造形美を伝える」をテーマに京都に「ミセ」「ヤド」「カフェ」を営業されています。
自然がつくりだした鉱物、植物、動物など、さまざまな造形物に囲まれた博物館のような空間の中で、 ただ鑑賞するだけではなく、買う 、泊まる、食べる、そして交流する、学ぶ…など様々な体験ができる場所の提供を目指しているとのことです。

・・・コンセプトの時点で理科好きにはたまらないですね(笑)

外から店内を見るだけでも心をくすぐられます。

カフェのメニュー

隕石カレーが気になる!

と思ったら弟が食べたそうです。こちらです。

隕石カレー

おーっ!なんか隕石って感じ(笑)辛そうですね。

こちらは、隕石カレーのモデル「テクタイト」。テクタイトは隕石衝突によって作られる天然のガラスだそうです。テクタイトについて詳しくはこちらを御覧ください(Wikipediaへのリンク)

ガーデンクォーツ風ティラミス

こちらはデザートのガーデンクォーツ風ティラミス

ガーデンクォーツは、水晶が形成される過程で、緑や茶色の鉱物や泥岩を巻き込みながら結晶した水晶。水晶の箱庭とも言われます。

こちらが本物のガーデンクォーツ・・・美しい。ガーデンクォーツを見ながら食べるガーデンクォーツ風ティラミス・・・最高ですね。

店内の写真

店内はイマドキのおしゃれなカフェ。自然が作り出す美しさがテーマです。

テーブルの下に見えるのはウニの骨格ですね。理科の先生同士で行けば話が付きそうにありません。

ウニ好きは一生いれます(笑)

馬やキリンの頭骨。アルマジロの剥製。ウニの分割の模型など一つの展示ごとに30分は語れそうですね。

ちょっと待って〜!右上にあるのはバビルサの頭骨ではないかー!

本物!?どちらにしても見てみたい!神秘の生き物バビルサについてはこちらの記事を見てみてくださ〜い。

東海大学自然史博物館①

これは行ってみるしかないですね。

うにの骨格などの販売もされていました。

弟からのおみやげ

弟にウニの骨格を買ってもらいました。

自然の作る美しさですね。ちなみに税込み702円でした。

京都といえば修学旅行でいく学校も多いのではないでしょうか?修学旅行の下見に行く際にはぜひ「ウサギノネドコ」によってみてください。ということで京都のカフェ「ウサギノネドコ」の紹介でした。


ウサギノネドコのホームページはこちら

その他の理系カフェ

今回は京都の理系カフェを紹介しましたが、探してみると理系カフェはいろいろな場所にあります。

大阪アメ村の「アナムネanamune」

大阪のアメ村にある怪しいカフェ「アネムネ」

中は病院をイメージさせます。

奥に人が見えます。

人かと思ったら、このカフェのオーナー。人体模型の「ジョニーさん」でした・・・怖すぎる。

メニューも不思議で、ドリンクはビーカーででてきます。

理系グッズが盛りだくさん。

大阪に来られる際はぜひ行ってみてください。

アナムネホームページ

不思議博物館分室 喫茶/ギャラリー サナトリウム sanatorium

こちらは福岡の天神にある理系カフェ「サナトリウム」です。

サナトリウムとは長期的な療養を必要とする人のための療養所のことらしいです。

店内も病院をイメージさせる作り。

メニューは少し(かなり)グロテスク。間違っても初デートには使えなさそうです。

サナトリウムのホームページ

サイエンスバー「インキュベータ」

こちらは東京の四谷三丁目にあるサイエンスバー「インキュベータ」

本格的な研究室もびっくりの内装です。お箸の代わりにピンセット、取皿はシャーレででてきます(笑)

何から何までサイエンス。

不思議な不思議なサイエンスバー関東の方はぜひ行ってみてください。

インキュベータのホームページ

素敵な理系カフェでゴールデンウイークをお楽しみください。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、三十路超え 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate