ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

Home » ICT活用 » 世界の人口の増加について考える&借金時計で日本の経済状況を学ぶ

世界の人口の増加について考える&借金時計で日本の経済状況を学ぶ

calendar

現在世界の人口は増え続けています。この状況が続けば、食料が足りずに餓死する人は今後も増え続けてしまいます。日本は、反対に少子高齢化に悩まされています。同じ地球上で正反対のことに悩んでいるなんてなんか変な感じですね。今回はそんな世界の人口について考えさせられる「世界の人口」についてです。

世界の人口(World Population)

上の写真は2018年12月の世界の人口です。米国勢調査局と国連のデータから推計しています。みるまに人口が増えているのがわかります。

世界の人口は、1分に137人、1日で20万人、1年で7千万人、増えています。世界中で、1年に6千万人が亡くなり、1億3千万人が産まれます。貧富の拡大、温暖化など問題が山積です。石油の枯渇が近づき、表土と森が失われています。水と食料が、病院と学校が不足しています。人の生活が、太陽と地球からの恵みを、超えそうです。戦争なんかしている場合ではありません!独り占めでなく、分かち合って、共に生きなくては。今、生きてる。それだけで奇跡的なことなんだ。ヒトも動物も植物も、全宇宙で唯一の、137億年の中の一瞬の生命なんだよ。(世界の人口 ホームページより引用)

日本は島国だからか、海外のことに関心が薄いように感じます。世界的な視野をもちグローバルに活躍する人間になってもらうためにも、国際理解学習などで世界の人口について考えるのはどうでしょうか。

世界の人口のホームページはこちらから

日本の借金

世界の人口と似ているホームページに「日本の借金時計」というものがあります。経済ジャーナリストの財部誠一さんが作られました。

日本の借金時計は、日本の借金の状況をリアルタイムで見ることができます。上の写真は2018年12月時点の日本の借金です。国民一人あたり、2000万円を超えています。ふたばは経済についてはよくわかりません。2019年から消費税の増税が始まります。国の説明では高齢化対策や借金が多いことが理由となっています。しかし、負債が多いが資産も多く一概に増税が必要かどうかはわからないという意見もあります。さまざまな意見があると思いますが、一つの情報として知っておいてはどうでしょうか。

日本の借金のホームページはこちらから

ふたばのブログが本になりました。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




自己紹介(PROFILE)

窪田 一志

窪田 一志

1986年生まれ、近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST)養成課程修了
家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪府の公立中学校で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。
教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。
ブログのアクセス数は月7万pvを超え、中学理科の授業情報をまとめた書籍「100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100」を明治図書から出版。また、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。
先生向け情報サイト「ふたばのブログ」の他、反転学習や、家庭学習に利用できるオンライン学習サイト「ふたば塾」を運営。
記事執筆、研修・講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

【著書】
100均グッズからICTまで 中学校理科アイテム&アイデア100[明治図書出版]
【協力実績】
株式会社 NHKエデュケーショナル
国立科学博物館
株式会社 朝日新聞社 企画事業本部文化事業部
株式会社 高純度化学研究所
株式会社 アスウム
株式会社 学映システム
東京学芸大学 理科教育学分野
高知大学教育学部附属小学校
横須賀市立浦賀中学校
田尻町立中学校
順不同

folder かえる先生の理科教室

光の反射と屈折🐸🐰
地層🐸🐰
地震のゆれ🐸🐰
more...