ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

天王寺動物園で骨格について学ぶ③

calendar

これが何かわかりますか?

かなり大きいです。
裏側は穴がたくさん空いていてサンゴみたいです。動物園でこの形といえば、
そう、サイです。

ということで今回はサイを中心に考えていきたいと思います。

サイはウマ目、牛目?

サイはウシとウマのどちらに近いかわかりますか?
正解はウマ目。現在、ウマ目は、ウマ、サイ、バクの3種類しかいません。他のウマ目はみな絶滅してしまったのです。
こちらはサイの頭骨のレプリカです。ウマ目の動物は3種類だけと書きましたが、このサイも絶滅の危機に瀕している。キタシロサイは残り3頭、オスに至っては最後の1頭。(ブログ記載現在)サイを絶滅に追いやっているのはまぎれもなく人間です。
サイのツノには薬の効果があると信じて、罪のないサイが何匹も殺されました。サイのツノはヒトでいう爪のようなものです。そんなものに、薬の効果なんてあるわけないんです。無知って怖いですね。爪ということは切れば生えてくるということです。しかし、野生のサイがそう簡単にツノを切らせてくれる訳はありません。手っ取り早くツノを手に入れるためにたくさんのサイが殺されました。

 密猟者に殺されたサイ(レプリカ)

人間は本当に自分勝手です。サイだけでなく、種がこれ以上減ることのないように意識を高める必要があると思います。

絶滅が心配な動物

このキバの持ち主もサイと同じく絶滅が危惧されています。
これはその動物の歯です。この動物は臼歯が4本しかありません。一生で5回生え変わります。この歯もすり減って抜けたものです。6本目がすり減って使えなくなった時が寿命になります。
持ち主の糞も見せてもらいました。左はサイの糞です。サイ以上に大きな糞。私の手のひらくらいあります。こんなに大きな糞をする生き物といえば1つしかありません。
キリンさんが好きです。でもぞーさんの方がもーっと好きです。ということで正解は「ゾウ」でした。ハルカスをバックに撮ってみました。アジアゾウのひろこです。
ゾウには大きく分けるとアジアゾウとアフリカゾウに分けられます。アジアゾウとアフリカゾウを簡単に見分ける方法は
耳と背中です。耳が小さく背中がとがっているのがアジアゾウ。耳が大きく、背中が凹んでいるのがアフリカゾウです。他にも鼻先や蹄、体表などにもそれぞれの特徴があるようです。(詳しくは富士サファリパークのホームページに載せられています。←リンク
2種類とも絶滅が危惧されています。減少の原因は、キバを狙った密猟と森林の減少。両方とも人間の影響によるものです。日本人だから関係ないとは思わないでください。私たちが毎日贅沢に生活するためにアジアの森林が切られている現実があります。島国だからこそ世界に目を向けていく必要があると思います。子どもたちには他の国の出来事ではなく、同じ地球で起きていることだと真剣に考えてもらいたいです。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す