ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

手作り紙コップスピーカーを作ろう

time 2017/08/04

電磁石を使った手作り紙コップスピーカーの作り方を紹介します。

手作り紙コップスピーカーを作ろう

準備するもの

 

イヤホンジャックの加工

まずはイヤホンジャックから電流を取り出す出すためのケーブルを作ります。
モロラルのイヤホンケーブルとワニ口クリップを用意します。
ケーブルにワニ口クリップを取り付けるためにケーブルを割いて導線を取り出します。


ラジオペンチでワニ口クリップの金属部分を抜き取ります。
ワニ口クリップと導線を固定します。
今回は、半田付けで固定しました。
綺麗にできました。苦手なら技術の先生にお願いしてもいいかもしれません。
導線をかしめます。


金属部分を戻して終了。
マイナス極も同様のです。
最後に導線を被膜に戻します。
音を電流として取り出せるケーブルが完成しました。

スピーカーの作成

続いてスピーカー作りです。


0.2mmのポリウレタン銅線を使いました。ポリウレタンは高熱で溶けるため、ハンダを使えばエナメルのように紙やすりで削る必要がないので楽チンです。


単三の乾電池を画用紙で巻きます。
上から銅線を巻いてコイルを作ります。
5mの銅線なので、200回巻くらいになりました。


コイル完成
0.2mmは接続するには細いので増強します。2cm程度銅線を切り取ります。
ラジオペンチで引き抜いてコイルの接続部分に半田付けしました。
これにはポリウレタンの被膜をとる意味もあります。


紙コップの底(外側)に両面テープでコイルを固定します。
もう1つの紙コップの底(内側)にはフェライト磁石を固定します。
スピーカーが完成しました。

実際に使ってみて

イヤホンジャックに作ったケーブルを差し込み、紙コップスピーカーにつなぐど音楽が流れます♩結構いい音です。フレミングの法則ですね。作ったケーブルによって音の波が電流の波に変換されます。紙コップに取り付けたコイルに電流が流れることで、コイルが磁力を持ちます。すると、同じく紙コップに取り付けたフェライト磁石がコイルの磁力により引きあったり反発したりします。この振動が紙コップの底紙を振動させ音が鳴るのです。スピーカーの構造がわかる面白い実験です。ぜひやってみてください。

down

コメントする




自己紹介

ふたば

ふたば

1986年生まれ、 近畿大学農学部卒業、理科コア・サイエンス・ティーチャー(CST) 養成過程修了、家庭教師、個別指導、塾講師を経て、神奈川県で5年間中学校理科教師として勤務。現在は大阪で理科の楽しさを子どもたちに伝えるため日々奮闘中。 教材や教具、デジタル教材の開発、効果的なICT機器の活用方法、カードゲームや問題解決を通してのコミュニケーション能力の育成など自らの実践に基づいた教育活動を展開中。 ブログのアクセス数は月5万pvを超え、ブログがアプリ化されるなど勢いのある教育研究者 兼 教育実践者。ゆくゆくはこのブログの内容を本にしてまとめられたらと考えています。記事執筆、講演依頼、書籍化についてはお問い合わせフォームからお願いします。

おすすめ記事





ふたばのブログについて

子どもの理科離れが問題になっています。しかし、実験を中心とした塾が人気を集め、本屋では科学図鑑が売れているようです。大人も子どもも本当は理科が大好きなんだと思います。では、なぜ理科離れが起こるのか?学校や塾の授業が理科の楽しさを十分に伝えられていないからではないでしょうか。このブログでは学校や塾の理科の授業を楽しくするための情報を書いていきます。教材や教具、面白い実験、ICT機器の活用法、授業で使える動画、教育書の紹介の他、道徳やコミュニケーションゲームなど子どもが人として成長していくための情報も書いていきます。このブログが子どもたちに理科の楽しさを伝えるため、そして子どもたちが明るい未来を作っていくために少しでも役立ってくれたら嬉しいです。

※当サイトはリンクフリーです。記事や画像を引用する場合は、出典元へのリンク、もしくはURLの表示をお願いします。

お問い合わせ






※メールアドレスが公開されることはありません。

内容の確認

上記の内容で送信します。よろしければチェックをしてから送信してください。

Translate