ふたばのブログ〜理科教育と道徳教育を科学する〜

最密充填構造を一円玉で考える

calendar

今回は一円玉を使った密度のお話です。

最密充填構造を一円玉で考える

ここに一円玉が隙間なく並べられた箱があります。8×5=40枚の一円玉が並んでいます。ここに一枚一円玉を増やすことはできるでしょうか?
できます!
正解は
これだー!
一枚ずらすことで一列増やすことができるんですね。
最密充填構造と言います。蜂の巣が六角形のハニカム構造でできているのと同じですね。子どもにやらせたいです。

おすすめ記事



この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder デジタル教材・プリント教材

中学理科学習サイト(無料)
無性生殖の例
水溶液の性質
more...